人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた」永井孝尚

2022/08/27公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた」永井孝尚


【私の評価】★★★☆☆(77点)


要約と感想レビュー

 50冊のビジネス書の要約を説明してくれるという一冊。こうしてビジネス書を読んでいると、個人の成功哲学本と似ていることがわかります。例えば、行動を重要視して「やってみよ!ダメなら直せ!試してみよ!」という考え方は、個人の成功の秘訣でもよく言われていることです。例えば、マクドナルドを創業したレイ・クロックは52歳から起業しています。何かチャレンジしなければ、成果は出てこないのです。


 また、ポーターは企業の戦略で重要なことは「何をやらないか」であると教えています。これは個人の人生でも、「何をやるか」がわからないときには、「何をやらないか」を決めるとよいということが言われていることと同じです。


 小さい企業であれば、差別化戦略が大切であり、新規の顧客開拓よりも今の顧客を大切にするという戦略は納得できるもののはずです。例えば、セブン&アイの「金の食パン」も、まさに差別化戦略なのです。世界のエリートが学んでいるといっても、中小企業でもやっているような内容なのです。気軽に学び、活用したいものです。永井さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・スリートという顧客を発見したエアウィーブ(p124)


・ネットプロモータースコア・・・当社を友人や同僚に勧める可能性は、0~10段階でどれくらいありますか?(p86)


・凄いアイデアは全体の5%で、95%は地道なカイゼン作業の積み重ねだ(p133)


▼引用は、この本からです
「世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた」永井孝尚


【私の評価】★★★☆☆(77点)


目次

第1章 戦略
『新訂 競争の戦略』M・E・ポーター
『競争戦略論Ⅰ』M・E・ポーター
『戦略サファリ 第2版』ヘンリー・ミンツバーグ
『競争優位の終焉』リタ・マグレイス
『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・ルメルト
『ゲーム理論で勝つ経営』A・ブランデンバーガー
『コア・コンピタンス経営』ゲイリー・ハメル/C・K・プラハラード
『企業戦略論』ジェイ・B・バーニー
『ダイナミック・ケイパビリティ戦略』デビット・J・ティース
知識創造企業』野中郁次郎/竹内弘高
第2章 顧客とイノベーション
『顧客ロイヤリティのマネジメント』フレデリック・F・ライクヘルド
『ネット・プロモーター経営』フレデリック・F・ライクヘルド
キャズム Ver.2』ジェフリー・ムーア
イノベーションのジレンマ』クレイトン・クリステンセン
イノベーションの解』クレイトン・クリステンセン
『ジョブ理論』クレイトン・クリステンセン
第3章 新規事業と起業
『企業家とは何か』J・A・シュンペーター
『アントレプレナーの教科書』スティーブン・G・ブランク
『リーン・スタートアップ』エリック・リース
『トヨタ生産方式』大野耐一
『アダプト思考』ティム・ハーフォード
ZERO to ONEゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』ピーター・ティール
『【新版】ブルー・オーシャン戦略』W・チャン・キム/レネ・モボルニュ
『ブルー・オーシャン・シフト』W・チャン・キム/レネ・モボルニュ
『発想する会社!』トム・ケリー
『メイカーズ』クリス・アンダーゾン
第4章 マーケティング
『ブランド優位の戦略』デービット・A・アーカー
『価格の掟』ハーマン・サイモン
フリー』クリス・アンダーソン
『パーミッション・マーケティング』セス・ゴーディン
『戦略販売』R・B・ミラー
第5章 リーダーシップと組織マネジメント
『エクセレント・カンパニー』トム・ピーターズ/ロバート・ウォーターマン
『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』ジム・コリンズ
ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』ジム・コリンズ
『日本の優秀企業研究』新原浩朗
『ティール組織』フレデリック・ラルー
『企業変革力』ジョン・P・コッター
『企業文化 生き残りの指針』エドガー・H・シャイン
巨象も踊る』ルイス・V・ガースナー
『スターバックス再生物語』ハワード・シュルツ
成功はゴミ箱の中に』レイ・クロック
『幸之助論』ジョン・P・コッター
第6章 人
『人を伸ばす能力』エドワード・L・デシ
『フロー体験入門』M・チクセントミハイ
『GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代』アダム・グランド
予想どおりに不合理』ダン・アリエリー
選択の科学』シーナ・アイエンガー
影響力の武器 第三版』ロバート・B・チャルディーニ
さあ、才能に目覚めよう 新版』トム・ラス
『リーディングス ネットワーク論』ミルグラム/コールマン/グランヴェター



著者紹介

 永井孝尚(ながい たかひさ)・・・慶應義塾大学工学部(現・理工学部)を卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャーとして事業戦略策定と実施を担当、さらに人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を担当し、同社ソフトウェア事業の成長を支える。2013年に日本IBMを退社して独立、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。毎年2000人以上に講演や研修を提供。さらに経営戦略を学ぶための「永井塾」も定期的に主宰している


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: