「巨像も踊る」ルイス・ガースナー

|
巨象も踊る
巨象も踊る
posted with amazlet on 06.11.26
ルイス・V・ガースナー 山岡 洋一 高遠 裕子
日本経済新聞社
売り上げランキング: 37505
おすすめ度の平均: 4.5
5 企業文化について考えさせられる
4 常に変化していくこと~
5 タイトルが秀逸


部下は、上司の期待する行動ではなく、
上司の評価で良い点がつく行動をとることを
理解しない経営幹部がきわめて多い。

巨像も踊る」ルイス・ガースナー


------------------------------------------------------------------

●研修所で何人かの知り合いと話しましたが、
 全員【今日の名言】と同じことを言っているのが印象的でした。

 いくら改革、改善といっても、
 サラリーマンは評価されるような行動しかとりません。

 優秀な人ほど、どうすれば評価されるかを分かっているのです。

 ここでいう「評価」とは「人事」のことです。


●このいい例は日産かもしれません。

 カルロス・ゴーンがしがらみを断ち切って会社の利益に貢献する人を
 評価するとわかれば、従業員はその方向に動くのです。

 そういう意味では、人事とは会社の運命を決める
 全く恐ろしいものだと思います。


●私が共感したところは次のとおりです。


・わたしは報告書に目を通し、顧客への対応を観察し、
 会議で考えが明確かどうかを評価した。
 わたしが叱責したり、眉をひそめたりしても
 みずからの信念を貫く勇気があるか、
 それとも方針転換するかをみた

 各自の事業の問題点を率直にわたしに
 話せているかどうかを見極める必要があった。


・手続きによってではなく、
 原則によって管理する


・われわれがやるべきことのすべてを決めるのは市場である。


・速く動く。
 間違えるとしても、動きが遅すぎたためのものより、
 速すぎたためのものの方がいい。


巨象も踊る
巨象も踊る
posted with amazlet on 06.11.26
ルイス・V・ガースナー 山岡 洋一 高遠 裕子
日本経済新聞社
売り上げランキング: 37505
おすすめ度の平均: 4.5
5 企業文化について考えさせられる
4 常に変化していくこと~
5 タイトルが秀逸


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)