本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか"」ロバート・B・チャルディーニ

2003/08/20公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか


【私の評価】★★★★★(94点)


要約と感想レビュー

心理学の重要な原理-コミットメントを公表すること(パブリック・コミットメント)がコミットメントを持続させる


影響力の武器」 ロバート・B・チャルディーニ


 この本は、怪しげな商売がいかに人にものを買わせようとしているのかを、心理学の視点から整理、分析しています。あっという間に読んでしまいました。


 小さな親切をしておいて、あとでお願いをする方法。これは、よく無料冊子プレゼントのような形で行われていますね。たくさんの人を集めて、集団で買わせる方法。よく、老人を集めて、安くてお徳なものからだんだん高いものを買わせて商売している人がいます。


 日産のゴーン社長がリバイバルプランで公表したコミットメントも、社員にコミットメントを達成させるための心理学的技術なのかもしれません。達成しなければ社長をやめると言っているわけですから、自分も追い込んでいます。


 こうして考えてみると、このような心理学を利用したテクニックに対抗するためには、そのテクニックを知り、「これは、このテクニックを利用しているな!」と思うしかないと思いませんか。3400円と高めですが、これから商売をしようとする人(だまそうとする人?)、だまされそうな人は、絶対買って損はありません。


影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
posted with Amazonアソシエイト at 13.10.20
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房
売り上げランキング: 537


【私の評価】★★★★★(94点)


目次

第1章 影響力の武器
第2章 返報性―昔からある「ギブ・アンド・テイク」だが
第3章 コミットメントと一貫性―心に住む小鬼
第4章 社会的証明―真実は私たちに
第5章 好 意―優しそうな顔をした泥棒
第6章 権 威―導かれる服従
第7章 希少性―わずかなものについての法則
第8章 手っとり早い影響力―自動化された時代の原始的な承諾



著者紹介

 バート・B・チャルディーニ・・・米国を代表する社会心理学者の一人。現在、アリゾナ州立大学教授。社会的影響過程、援助行動、社会的規範などに関する数多くの業績で学界をリードしている


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: