本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「海の都の物語〈2〉―ヴェネツィア共和国の一千年」塩野 七生

2010/06/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 2 (新潮文庫)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


■ヴェネツィアは日本のように資源のない
 小さな都市国家ですが、海軍と通商により
 富を蓄えました。


 そして共和制から生まれる的確な政治と、
 よく教育された国民がその繁栄を支えたのです。


■ヴェネツィアといえば、「ヴェニスの商人」での
 あくどい商人というイメージがありますが、
 通商で利益を出すことができたからこそ、
 ヴェネツィアが繁栄したのでしょう。


 日本も、まず儲けなければ、
 国家の繁栄はないと感じました。


 塩野さん良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・十五世紀から十六世紀にかけての、いわゆるイタリア・ルネッサンスの後期に生きた人々の伝記を書いていた時に、出てくる通貨は、ヴェネツィアのドゥカート金貨であった・・・ヴェネツィアの通貨が、当時の国際通貨であったことがわかる(p89)


・われわれが常に心に留めておかねばならないことは、どうすれば、より実害が少なくて済むかということである。そして、この点こそ真の目的があると考えて、あらゆる危機に対処すべきである。なぜなら、完全無欠でなにひとつ欠陥のないような対策は、この世に存在しえないからであるマキアヴェリ『政略論』)(p104)


・資源に恵まれないヴェネツィアのような国家には、失政は許されない。それはただちに、彼らの存亡につながってくるからである(p168)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(78点)


海の都の物語〈1〉ヴェネツィア共和国の一千年
「海の都の物語〈2〉ヴェネツィア共和国の一千年」
「海の都の物語〈3〉ヴェネツィア共和国の一千年」(未収)
海の都の物語〈4〉ヴェネツィア共和国の一千年
海の都の物語〈5〉ヴェネツィア共和国の一千年
海の都の物語〈6〉ヴェネツィア共和国の一千年



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: