本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) 」塩野七生

2003/04/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

すべての物事は、プラスとマイナスの両面をもつ。プラス面しかもたないシステムなど、神の技であっても存在しない。ゆえに改革とは、もともとマイナスであったから改革するのではなく、当初はプラスであっても時が経つにつれてマイナス面が目立ってきたことを改める行為なのだ。


●物事を改めるときには、
 「これが悪いのでこうしましょう」
 ではないのです。


 「昔はこれで正解だったが、
 環境が変わったので、
 少し方向修正をしましょう」くらいの
 言い方にする必要があるということ。


■だれでも改革はいやなものですし、
 今働いている人はそれなりに
 努力しているのです。


 そんな気持ちを理解し、受け止めて
 言い方を工夫することで、変革への
 抵抗を緩和することができるのです。


ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 17.07.07
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 51,526


【私の評価】★★★★☆(80点)



ローマ人の物語シリーズ

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)
ローマ人の物語 (3) ハンニバル戦記(上) (4) ハンニバル戦記(中)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以前
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以後
ローマ人の物語・パクス・ロマーナ
ローマ人の物語・悪名高き皇帝たち
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉
ローマ人の物語〈22〉危機と克服〈中〉
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉
ローマ人の物語・賢帝の時代
ローマ人の物語 (27) すべての道はローマに通ず(上)
ローマ人の物語 (28) すべての道はローマに通ず(下)
ローマ人の物語・終わりの始まり
ローマ人の物語・迷走する帝国
ローマ人の物語・最後の努力
ローマ人の物語・キリストの勝利
ローマ人の物語・ローマ世界の終焉


著者紹介

 塩野 七生(しおの ななみ)・・・1937年7月、東京生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年から執筆活動を開始。1970年、『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞。この年よりイタリアに在住。1981年、『海の都の物語』でサントリー学芸賞。1982年、菊池寛賞。1988年、『わが友マキアヴェッリ』で女流文学賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年にはイタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に。『ローマ人の物語』は2006年に全15巻が完結

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: