本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)」塩野 七生

(2005年11月20日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■一時はハンニバルに負けそうになるローマ。


 最後には、「ザマ」でハンニバルを打ち破り、
 地中海を自分のものとします。


 負けたカルダゴは、破壊され、奴隷にされ、
 歴史から姿を消しました。


 現在のカルダゴの遺跡は、
 ローマ人がつくったものなのです。


 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・年齢が、頑固にするのではない。成功が、頑固にする。・・・ゆえに抜本的な改革は、優れた才能を持ちながらも、過去の成功には加担しなかった者によってしか成されない(p22)


・少数を除けば自らは軍役に就く習慣をもたないカルダゴ人・・・カルダゴ人を、危機に直面しても実情がつかめず、ために打開の策を見るケルことが不得手な国民にしていた(p33)


・マケドニアの重装歩兵(ファランクス)は、正面からの敵に対してその威力を発揮できるようになっている。彼らが一団になると、その長い槍を立てるので、まるで巨大なハリネズミになる。・・・しかし、オリエント最強といわれた彼らも、側面や背後からの攻撃には弱かった(p131)


ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 13.10.12
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 135,877

【私の評価】★★★☆☆(72点)


ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)
ローマ人の物語 (3) ハンニバル戦記(上) (4) ハンニバル戦記(中)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以前
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以後
ローマ人の物語・パクス・ロマーナ
ローマ人の物語・悪名高き皇帝たち
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉
ローマ人の物語〈22〉危機と克服〈中〉
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉
ローマ人の物語・賢帝の時代
ローマ人の物語 (27) すべての道はローマに通ず(上)
ローマ人の物語 (28) すべての道はローマに通ず(下)
ローマ人の物語・終わりの始まり
ローマ人の物語・迷走する帝国
ローマ人の物語・最後の努力
ローマ人の物語・キリストの勝利
ローマ人の物語・ローマ世界の終焉


人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: