本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉」塩野 七生

(2009年11月 7日)|

ローマ人の物語 (28) すべての道はローマに通ず(下) (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■ローマ時代というものは、
 非常に発達した時代であったようです。


 上水道があった。水が流しっぱなしであった。
 下水道もあったのです。


 さらに浴場もあり、そこで
 マッサージを受けることができたそうです。


・共同水槽・・・動物の頭を模した彫刻の口から四六時中水が流れ出ている、というつくりが多かった。ここから水を汲んできて使うかぎりは、いくら汲んでもタダであったのだ(p74)


■今の日本と変わらないじゃないか・・・。
 しかし、こうした帝国も活力が失われれば、
 衰退していくものなのです。


 文明とはいかにおこり、
 そしていかに衰退するのか。
 塩野さんはローマの歴史から
 そこを探求しているような気がします。


 ローマのインフラの遺跡の写真を
 興味深く見せていただきました。
 ありがとうございました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・カルダゴの都市に給水していたローマ時代の高架水道の遺跡を見たときは、感心するよりも呆れてしまった。呆れ果てて眺めている私のそばを、水の入った瓶を積み上げたろばの引く荷車が通り過ぎた。(p28)


・ローマ時代にはどの町にもあったこの種の公衆浴場は、長く混浴であったのが、ハドリアヌス帝の時代から男女別浴に変えられる。(p90)


▼引用は、この本からです。

ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉 (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 8719
おすすめ度の平均: 5.0
5 2千年前とは思えないローマのインフラ整備
5 古代ローマに学ぶパブリックの精神性
5 インフラの話だけでここまで読めるとは・・・
5 社会のインフラ

【私の評価】★★★☆☆(79点)


ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)
ローマ人の物語 (3) ハンニバル戦記(上) (4) ハンニバル戦記(中)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以前
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以後
ローマ人の物語・パクス・ロマーナ
ローマ人の物語・悪名高き皇帝たち
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉
ローマ人の物語〈22〉危機と克服〈中〉
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉
ローマ人の物語・賢帝の時代
ローマ人の物語 (27) すべての道はローマに通ず(上)
ローマ人の物語 (28) すべての道はローマに通ず(下)
ローマ人の物語・終わりの始まり
ローマ人の物語・迷走する帝国
ローマ人の物語・最後の努力
ローマ人の物語・キリストの勝利
ローマ人の物語・ローマ世界の終焉


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: