本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 」塩野七生

2002/09/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

人類はしばしば、先見性に富む人物を生んできた。彼には先が見えるから、現在何をなすべきかがよくわかる。しかし、認識しただけならば、先見性を持った知識人、で終わってしまう。見え、理解したことを実行に移すには、権力が必要だ。


●自分の考えを実行するためには
 戦略が必要ということでしょう。


 自分の協力者を作っておく、
 自分のレベルを上げる、
 独立する、
 組織で出世する。


 自分の考えを実行する方法は
 たくさんありますが、現実を直視し、
 周囲をコントロールする力を持たなくては
 実行されることはないのです。


●特に大きな組織では
 組織で出世する人に権力が
 集中することになります。


 必ずしも優秀な人が上n
 上がるわけではないということを
 念頭に置きつつ、目立たなければ
 出世はないわけで、バランスが
 大切なのでしょう。


 塩野さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・ローマ人には、敗北からは必ず何かを学び、それをもとに既成の概念に捕らわれないやり方によって自分自身を改良し、そのことによって再び起ちあがる性向があった(p115)


・ローマ興隆の要因・・・他の宗教を認める・・・ローマ独自の政治システム・・敗者でさえも自分たちと同化させる・・(p207)
 

ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 36,511


【私の評価】★★★★☆(80点)



ローマ人の物語シリーズ

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)
ローマ人の物語 (3) ハンニバル戦記(上) (4) ハンニバル戦記(中)
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下)
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以前
ローマ人の物語・ユリウス・カエサル ルビコン以後
ローマ人の物語・パクス・ロマーナ
ローマ人の物語・悪名高き皇帝たち
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉
ローマ人の物語〈22〉危機と克服〈中〉
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉
ローマ人の物語・賢帝の時代
ローマ人の物語 (27) すべての道はローマに通ず(上)
ローマ人の物語 (28) すべての道はローマに通ず(下)
ローマ人の物語・終わりの始まり
ローマ人の物語・迷走する帝国
ローマ人の物語・最後の努力
ローマ人の物語・キリストの勝利
ローマ人の物語・ローマ世界の終焉


著者紹介

 塩野 七生(しおの ななみ)・・・1937年7月、東京生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年から執筆活動を開始。1970年、『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞。この年よりイタリアに在住。1981年、『海の都の物語』でサントリー学芸賞。1982年、菊池寛賞。1988年、『わが友マキアヴェッリ』で女流文学賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年にはイタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に。『ローマ人の物語』は2006年に全15巻が完結


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png



メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: