★2政経・歴史の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■STAP細胞ですべてを失った  小保方さんを支持する一冊です。  小保方さんは『あの日』の中で  自分の潔白を説明しています。  小保方さんの主張は、  私はSTAP細胞は作りました。  ただ、STAP幹細胞からキメラマウスまでは  若山先生...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■言ってはいけないタブーを  集めた一冊です。  たとえば、遺伝の話。  運動能力が遺伝するなら、  知性も遺伝するのでしょうか。 ・アメリカを例にとれば、  男性の殺人は女性の約9倍、  強盗は10倍・・  こうした犯罪傾向は日本も同じで、 ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■日本のエネルギーの4割は、  電気の形で供給されています。  つまり、電力を考えることは  日本のエネルギーを考えることなのです。  この本では、電力の裏側が  若干わかりますが、  表面的な理解という印象。 ■石油業界が自由化されているよう...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■ちょうどテレビで世界遺産の  「富士山と信仰遺跡群」  の話が出ていたので  手にした一冊です。  認定NPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」が  中心となって活動していた  ことがわかります。  会長は中曽根康弘 元総理大臣、  理事...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■去年の安保関連法案について  解説した一冊です。  集団自衛権を可能とする法案であり、  国家の命運を決するほどの  法案だと思います。  なぜ、今なのか。  なぜ、憲法を変えてから、  安保を変えないのか。  池上さんの仮説は  アメリカと...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■歴史とは、裏のトピックが面白いのでしょう。  学校で試験をすることは、  歴史を面白くなくしているように  感じます。  こうした本で、  歴史の裏の面を知っておきたいですね。  鶴岡さん、  良い本をありがとうございました。 ───────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■中国人の「爆買い」がすごい。  ということで、  現場はどうなっているのか、  中島さんに教えてもらいましょう。  まず、観光客の増加により  ホテルとバスが  足りなくなっています。  しかし、多額の投資が必要となる  ホテルとバスが急に増...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■平安時代末期に書かれた戦いの極意書  「闘戦経」を解説した一冊です。  当時知られていた「孫子」の  何をやっても勝てばいいとは  ちょっと違って、指導者の胆力を  重視しているように感じました。 ・鴟顧し狐疑する者は智者依らず・・  狐や鴟...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■確かに日本には工作員のような  文化人が存在します。  ただ、そうした人たちは  確信を持っているためか、  経験豊富なためか、  もっともらしい理由づけがうまい。 ■本書は、感情的な批判が多いように  感じました。    事実を検証しながら...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■テレビ番組で、  「聖徳太子ミステリースペシャル」  をやっていたので、手にした一冊。  聖徳太子はすごい!というテレビ番組と、  聖徳太子はいなかった!という書籍とが  存在するのはどういうことなのか。  そもそも聖徳太子とは・・・  日本...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■宮崎アニメには深みがあります。  これは、宮崎さんがいろいろ  歴史や小説を読んでいるからでしょう。  そうした知識を  フィクションの映画に  昇華する力はものすごい。  青井さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■人間とは賢いようで、愚かである。  なぜなら、動物だからです。  将来の100万円より、目の前の10万円を優先してしまう。  嘘かもしれませんが、  そういう点もあると思います。  そうした現実をしておきたいものですね。  良い本をありがとう...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■2011年3月の福島第一原子力発電所の事故から、  4年前に発行された一冊です。  原子力防災に取り組んだ著者だからわかる  原子力防災の前提の矛盾。  それは、基本的に大事故は起こらない。  格納容器は壊れないという前提で、  原子力が計画...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■青森県出身の東北人としては、  関西人は外国人に近いものがあります。  言葉が違ううえに、  性格がだいぶ違います。  ボケとツッコミを子どもの頃から練習している関西人と、  寡黙な東北人では、なかなか合わないというのが  実情ではないでしょ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■国家の重要問題であるエネルギーについて  取り上げる本が少ないので、手にした一冊。  電力関係の出版社からの本ですので、  エネルギー安全保障における  原子力発電の重要性について説いています。  つまり、原子力は石油やガスの輸入に依存する ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む