「ネット右翼の終わり──ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか」古谷経衡

| コメント(0) |

ネット右翼の終わり──ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■ネット右翼について論評した一冊ですが、
 著者の感覚的な議論が中心でした。


 ネット右翼にも種類があって、
 ヘイトスピーチを行っているのは、
 「在日特権と許さない市民の会」くらいのもの。


 左翼で言えば、しばき隊や民青のような
 ある種、政治的暴力団・半グレ集団のような
 ものといえるのでしょうか。


■主義主張を暴力や騒音による暴力で
 実力行使することを稼業にする人が
 存在するのですね。


 どこからお金をもらっているのか
 調査してもらいたいものです。


 古谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・中心的存在は・・「在日特権と許さない市民の会(在特会)」・・あるいは保守系行動団体である「頑張れ日本!全国行動員会(当時の会長・田母神俊雄・・以下、頑張れ日本)」であった・・特に「頑張れ日本」については・・実質的には2004年に設立された保守系のCS放送局「日本文化チャンネル桜」の関連団体である(p15)


・「行動する保守」を自称する在特会に代表される過激な右翼集団は、従来の「保守的価値」をあたかも忠実にトレースしている格好になっているが、その実態は差別とヘイトスピーチ(憎悪表現)が溢れる単なる劣悪な差別主義の集団であった(p28)


・「チャンネル桜」は、もともと番組制作プロダクションを経営していた番組プロデューサーで実業家の水島総氏が設立したものである(p68)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


ネット右翼の終わり──ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか
古谷経衡
晶文社
売り上げランキング: 320,781

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■目次

プロローグ 安倍政権下で弱体化する「ネット右翼」と「保守」
第1章 ネット右翼とは何か? 保守とは何か?
第2章 ネット右翼 その発生と誕生
第3章 「狭義のネット右翼」への分岐と「ヘッドライン寄生」
第4章 「狭義のネット右翼」の実相
第5章 土着化する保守王権
エピローグ ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)