本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

津田大介とは何者なのか「情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー」津田大介

2021/01/02本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー」津田大介


【私の評価】★★☆☆☆(65点)


内容と感想

■津田大介氏が、経済評論家の上念司氏を、
 名誉毀損で訴えたと聞いて手にした
 一冊です。


 津田大介氏は、慰安婦像や昭和天皇を燃やす
 あいちトリエンナーレの美術監督として
 有名な人です。


 津田大介氏は上念司氏をあいちトリエンナーレ
 等に関する発言に対して300万円の名誉棄損訴訟を
 起こしたのだという。


■この本では従来の新聞から、
 ネット空間での情報発信が大きくなり、
 特にネット右翼が情報操作をしている!
 ヘイトスピーチが蔓延している!
 という論点で書かれています。


 これまで新聞、テレビなどのマスコミや
 政治の上で、共産勢力やリベラル勢力が
 うまく情報操作してきたことが、逆に
 攻撃されることが多くなってきた。


 こうした状況を巻き返すために、
 あいちトリエンナーレで仕掛けたり、
 名誉棄損訴訟を起こしていくという
 ことなのでしょう。


 ファクトチェックしていくという
 ことですが、自分がファクトチェック
 されるとまずいのではないでしょうか。


 津田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・大阪大学大学院の辻大介准教授は・・・1中国と韓国への排外的態度、2保守的・愛国的政治志向の強さ、3政治や社会問題に関するネット上での意見発信・議論への参加という3つの条件を満たすユーザーを「ネット右翼」層と定義(p87)


・新聞最王手の読売新聞と朝日新聞の現在の社員数はどちらも約4500人だが、ネットメディア最王手のヤブーの社員数は6000人を超えている(p127)


・朝日新聞の用語解説では、オルタナティブ・ファクトは「嘘やあいまいな事柄も繰り返して言及することで、事実に基づいていなくても、もう一つの事実になりかねない時代を示す言葉」という意味になっている(p184)


・米国には「FactCheck.org」をはじめ、「ポリティファクト(PokitiFact)や「スノープス(Snopes)」など、政治家や公人の発言の事実関係をチェックする専門機関が多数存在し、ワシントン・ポスト内になる「Fact Checker」など、既存メディアのファクトチェック機能も優秀だ(p224)


・2014年12月に行われた衆院選挙期間中に投稿された政治関連のツイート・・・5つのパターンが抽出された。そのうち3つのパターンは「安倍政権支持キャンペーン」「反安倍政権ブログへの攻撃」のボット、残り2つのうち一つが「右寄りの立場からの安倍政権批判」・・・これだけの規模の世論工作が行われていたということはツイートを分析して見えてきた「事実」である(p237)


・残念ながら韓国や中国関連のニュースで、嫌韓・嫌中意識が強く感じられるコメントが大量に投稿される状況は、以前とそこまで変わらない・・・議論の余地すらないひどいヘイトスピーチが大量に放置されているのが現状だ(p295)


・沖縄県知事の選挙期間中に、当選した玉城デニー候補に対する無数のデマが飛び交った。これに対し、沖縄の県紙である琉球新報と沖縄タイムズはデマに対する「ファクトチェック」を行い、選挙期間中に紙面やウェブで間違いを丹念に指摘し、つぶしていった(p346)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー」津田大介


【私の評価】★★☆☆☆(65点)



目次

第1章 問われるプラットフォームの責任
第2章 情報汚染の正体
第3章 生き残りを懸けた紙メディア、使命と倫理
第4章 信頼と民主主義を蝕むフェイク
第5章 ネットに蔓延するヘイトスピーチ
終章 誰が情報戦争を終わらせるのか


著者紹介

 津田大介(つだ だいすけ)・・・1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介日本にプラス+」キャスター。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: