本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「水道の民営化・広域化を考える」尾林 芳匡, 渡辺 卓也

2020/08/02本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


内容と感想

■水道の民営化・広域化に反対する議員などが
 その意見をまとめた一冊になっています。


 ポイントとしては、民間に委託しても
 民間が利益を上げるだけで、結果的に
 手抜きになったり、経営破綻するのでは
 ないかという主張となっています。


■失敗例を羅列していますが、
 成功例はないのでしょうか。


 水道の民営化・広域化ありきで
 議論されていると批判しながら、
 この本でも反対ありきの内容と
 なっているように感じました。


 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・40年で更新ができないことが問題」と言いながら・・・100年以上使用している明治時代の水道管もあり、法定耐用年数に満たない中で事故をおこす水道管もあります(p15)


・奈良市においても6期に亘る拡張工事において一日約25万トンの取水権を確保しました。しかし、現在の給水量は一日約11万8000トン・・・その上、83億円程度の事業収入の中で、その3分の1にもあたる27億円もの金額がダム建設の負担金として2014年まで続き、老朽化した施設の更新もままならない状況がもたらされました(p36)


・宮城県の水道事業と課題・・・上水道事業では、収益は現在の150億円から20年後には140億円に、年間10億円減少すると予測。今後20年間で必要となる更新需要1410億円を確保するのが難しいと説明しています・・・工業用水道は、年間純利益が7000万円しかないのに、20年間の更新需要は190億円・・・高料金に苦しめられる原因は・・・過去の過大な施設整備にある(p52)


・浜松市・・・2018年4月より、上下水道部門では日本で初めてとされているコンセッション事業が開始されました。運営権会社は、フランス多国籍大企業であるヴェオリア社の日本法人・・・問題の一つとして、契約書によると、20年間の設備改築工事費が税抜き250億円とされていますが、その執行は運営権会社に委ねられています・・・入札もしないでヴェオリア社の子会社と随意工事契約を結んでしまいました。設備改築工事費の財源は、国庫補助金55%、企業債35%、運営権会社10%(p67)


・コンセッション導入・・メリットとして挙げているのは・・・公共調達よりも効率的な投資が期待できる・・・多様なサービスが可能になる・・・従業員の採用、給与等が、役所時代よりも柔軟に決められ・・・経営改善のための副業もかなり自由になり・・(p87)


・大阪市・・・コンセッションの問題点・・・職員数は、約1600人から1000人以下に削減する一方で、国内外でのビジネス展開への対応など、その発展性や規模の拡大に伴い新たな職域を確保するとし、賃金、退職金については、職務及び業績を反映させる制度の導入、雇用形態は派遣社員、短期雇用、契約社員などへの転換も行うとしています(p115)


・通常の株式会社であれば、事業の継続性から、減価償却費相当額を積み立てて・・・ところが、住民は受益に応じて負担をするとともに、当年度の経費からは、減価償却を更新費用の積立として考えることは、20年、30年先の費用の前払いで負担するという考えになり、抵抗があります。インフラや施設整備には地方債を起債することができるわけで、起債の償還を通じて利用する世代が負担することが適切だという意見もあります(p151)


・問題となった事例・・・1仙台松森PFI天井崩落事故・・・PFIによって建設されたプールで手抜き工事により天井が崩落・・・2タラソ福岡の撤退・・・3北九州・ひびきコンテナターミナル経営破綻・・・4名古屋港イタリア村の経営破たん・・・5高知県・高知市病院契約解除・・・6滋賀・近江八幡市立総合医療センター契約解除・・・7滋賀・野洲私立小・幼の維持管理契約解除・・・(p163)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★☆☆☆(67点)



目次

プロローグ 水をめぐるウソ・ホント
I 水をめぐる広域化と民営化の現場

イントロダクション 各地で具体化する広域化・民営化の動き
1 香川県 県主導の水道広域化の矛盾
2 宮城県 水道事業へのコンセッション導入の問題点
3 浜松市 下水道処理場のコンセッション化問題
4 京都府 簡易水道と上水道の統合
5 奈良県 奈良市中山間地域の上下水道のコンセッション計画
6 埼玉県 秩父郡小鹿野町民の水源・浄水場を守る運動
7 大阪市 市民が止めた水道民営化
8 滋賀県 大津市のガス事業コンセッション

II 水をめぐる広域化・民営化の論点
1 上水道インフラの更新における広域性と効率性
2 水道の民営化・広域化を考える


著者紹介

尾林芳匡 (おばやし よしまさ)・・・八王子合同法律事務所弁護士。1961年生まれ、1990年より弁護士。自治体の民営化、アウトソーシング関連著作多数。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: