本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「天命追及型の生き方」白駒妃登美

(2020年1月 4日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■「古事記」は日本の神話です。
 西欧の神話は「聖書」でしょう。


 神話にはその民族の特徴が
 現れているように思われます。


 「古事記」の神話では
 神が働いているのが
 日本らしいところ。


・『聖書』に描かれている"楽園"は、働かなくても食べていけるところです。それに対し、『古事記』では、神々が高天原で働いているのです。多くの神様が田畑を耕し、アマテラス大神も、機織の仕事をしています(p34)


■東北に住んでいると大和の国は、
 東北を侵攻してきた勢力です。


 心境としては複雑ですが、
 歴史の長さとともに
 天皇が日本をまとめる象徴であることも
 認めるしかないのでしょう。


 白駒さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・都を眺め渡した仁徳天皇は、ご飯どきなのに家々のかまどから煙が立ち上がってこないのをご覧になり、民の生活が困窮しているのではないかと、胸を痛められました・・そこで天皇は、三年間、税を免除することを決めます(p134)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



白駒妃登美、エイチエス

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第一章 西洋と日本の神話の違い
第二章 三種の神器を磨きあげる
第三章 自分の稲穂を育てる
第四章 天命追求型で生きる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: