★3経営のコツの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(79点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■業績不振のチョコレート製造企業を  アメリカでMBAを取得した主人公が  再生させるという一冊です。  現在の企業のオーナーは創業者の娘。  その娘婿が社長なのですが  無能...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■盛岡グランドホテル、  福岡ドーム&シーホークホテルの経営を  建て直した高塚さんの一冊です。  高塚さんはセクハラで逮捕され、  執行猶予判決を受けました。  朝から晩まで現場に入って  社員とコミュニケーションを取る  スタイルが特徴なの...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■霊感商法や芸能人も参加する合同結婚式で  有名な統一教会の内幕です。  どのようにして人を集め、  教義を信じさせ、  お金を出させるのか。  そこは教義を信じさせるための  セミナーが体系化されており、  土地を担保に借金をさせ壺を売るのも...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■2002年、ダイエーの子会社から  三菱商事の子会社となった  コンビニ「ローソン」。  ローソンの社長には、  三菱商事でローソンを担当していた  42歳の新浪剛史が抜擢されました。  普通なら三菱商事からの出向となりますが、  新浪は三菱...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■利益や売上げだけではなく、  会社の本当の目的を  考えましょうという一冊です。  ともすると、会社のマネジメントは  会社の利益、資産効率といった  数字の管理になりがちです。  会社の目的は、  株主に配当すること  なのでしょうか。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■中国古典からビジネスの  成功法則を導きだすという  一冊です。  解説は現代の事例が多いので、  中国古典を目次にして  昔も今も同じですね、  という感じでしょうか。  見覚えのある  中国古典からの引用が  多いという印象でした。 ・単...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■GEのリーダー育成機関クロトンビルで  4年間、幹部育成プログラムの  講師を務めた田口さんの一冊です。  世界のGEの考える  経営幹部とはどのような  人達なのでしょうか。  GEの経営幹部は、  企画部門に頼らず  自ら戦略を考えること...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■LCC(ローコストキャリアー)の  開拓者ともいえるワウスウエスト航空の  歴史を書いた本です。  同社のはじまりはテキサス州の  ヒューストン、ダラス、サンアントニオの  移動に困っていた企業家が  航空会社を作ってしまったというもの。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■独自のウィスキーブランド  「イチローズモルト」を育てた  肥土伊知郎(あくといちろう)さん。  独自の皮製品を製造する  「ソメスサドル」を育てた  染谷昇(そめやのぼる)さん。  この二人のベンチャー企業から  ブランドの育成経緯を学びま...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■インド出身の経営学教授の  経営書です。  著者は子どもの頃、  家業の手伝いをする中で、  商売の基本を学びました。  商品を仕入れて売るという  商売の基本は、  企業も露天商も同じなのです。 ・インドの露天商は・・  その日になにがどれ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■松下政経塾に入塾後、  民主党議員としてでマニュフェスト導入に係り、  その後ソフトバンク社長室長として  ボーダフォン買収から孫正義の近くにいた  著者の一冊です。  孫正義は、ソフトバンク時代から  何兆円という商売をしようと  考えてい...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■イケアとは何なのか。  それを知りたくて手にした一冊です。  イケアは、スウェーデンの  カンプラードさんが始めた  通信販売会社から発展してきました。  初期のビジネスモデルは  家具の通信販売であり、  展示場で品物を見て、注文すると  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■私は不動産を持っていませんが、  不動産の仕組みや最近の状況について  興味があるので手にした一冊です。  不動産業界は、大家、入居さん、  不動産屋(管理会社含む)で  構成されます。  昔からある業界ですが、  まだまだ大家さんから見ると...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■松下幸之助、本田宗一郎、伊那食品工業、  渋沢栄一、伊庭貞剛、小平浪平などの  先哲を紹介しながら、  論語につながる経営を検証していきます。  論語では、学も必要ですが、  仁と義も必要としています。  いくら頭が良くても、  人がついてこ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■商売をしている人にとっては常識ですが、  庶民には商売の仕組みは  分かりにくいもの。  この本では、いろいろな業界の  コストと収益構造を学びます。  飲食関係では、原材料費は  30%くらいに抑えるのが  常識のようです。 ・宅配ピザ・・...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む