本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「セゾン 堤清二が見た未来」鈴木哲也

(2020年4月18日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■私の学生時代は西武池袋線の
 江古田に住んでいたので、
 西武百貨店にはお世話になりました。


 西武百貨店を中心とするセゾングループには、
 なんと無印良品、ファミリーマート、パルコ、
 西友、ロフト、吉野家、J-WAVE、チケットセゾン、
 サホロリゾート、タラサ志摩などがあったのです。


 この本ではセゾングループの勃興と解体の
 歴史を振り返ります。


■バブルの好況に乗ってセゾングループは
 拡大を続けました。


 そうした中で海外ブランド導入、
 無印良品というプライベートブランド立ち上げ、
 カード事業とチケット事業、
 百貨店ではなく街を作るという
 コンセプトは斬新だったといえるのでしょう。


 バブル崩壊により不動産投資を行っていた
 西洋環境開発の債務が命取りになって
 しまったのは、運が悪かったのか、
 調子に乗ってしまったのか。


■セゾングループの良い面も悪い面も
 受け止めざるをえないのが
 経営者なのでしょう。


 経営者は企業が永続するために
 最低限の「怖さ」を持っていないと
 いけないのだと感じました。


 鈴木さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・無印良品は、スーパー大手である西友のPB(プライベートブランド)としてスタート(p9)


・西部池袋本店の増築・・・1982年には、現代のデパ地下の先駆けとなる、「食品館」がオープンした。約41億円を投じて、新たな食のライフスタイルに対応する試みだ(p84)


・西武百貨店が主導して日本に導入したのは、エルメスやイヴ・サンローランなど、フランス系の高級ブランドばかりではない。例えばイタリアのジョルジオ・アルマーニは、西武百貨店や伊藤忠商事と共同で日本法人を設立。米ポロ・ラルフローレンの日本法人も、西武百貨店の子会社として発足した経緯がある(p85)


・チケットセゾン・・・堤(清二)さんは『これからの時代』というキーワードの中で、カードとリザベーションという言葉を使っていました・・・西部クレジットをカード会社として成長させた・・・自前でチケット事業を立ち上げる(p99)


・「つかしん」の中に西武塚新店が入る構図・・・「店をつくるのではなく、街をつくれ」堤はそう宣言した(p101)


・1987年にホテル西洋銀座を開業した・・・客室数は80程度と極めて小ぶり。欧州にあるような、静かな高級ホテルを目指して、宴会場は設けなかった(p195)


・日本興行銀行は、清二にヒルトンホテルチェーンの米国以外の国際事業を買収することを持ちかけてきた・・・日本長期信用銀行が提案したのが、インターコンチネンタルホテルの買収だった(p197)


・サホロリゾート・・・長期滞在型リゾート・・ニーズは高まらなかった(p207)


・セゾングループを解体に導いた2つの問題企業が、ノンバンクの東京シティファイナンス(TCF)と西洋環境開発だった。この2社の過剰負債の処理を巡って、銀行は、良品計画やファミリーマート、吉野家など、優良なグループ企業の切り売りを迫り、セゾングループは解体していった(p211)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(72点)



■目次

一章 無印良品
 一節 ロンドンで感じた違和感
 二節 西友と堤からの「独立」
 三節 今は無印を、僕たちが解釈している
二章 西武百貨店
 一節 革新は、いつも逆境から
 二節 セゾンが文化を"民主化"した
 三節 挫折の連続の中に先見性
三章 パルコ
 一節 幻の「銀座パルコ」
 二節 パルコの流転と堤の戦い
 三節 アニメ文化に宿るDNA
四章 専門店
 一節 ロフトを生んだ堤のひと言
 二節 リブロの静かな誇り
 三節 堤の理念、継承者たちの奮闘
五章 ホテル・レジャー
 一節 異母弟・猶二が見た清二の夢
 二節 「共犯」だった銀行が豹変
 三節 西武の原点とグループ解体 
六章 チェーンオペレーション
 一節 吉野家買収の慧眼(けいがん)と矛盾
 二節 西友、「質販店」の憂鬱(ゆううつ)
 三節 ファミリーマート、誤算の躍進
七章 人間・堤清二
 一節 「お坊ちゃん」が学んだ大衆視点
 二節 避けられなかった「裸の王様」
 三節 堤が遺したメッセージ
「あとがき」


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: