本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ナニワ・モンスター」海堂 尊

(2020年4月19日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■伝播力の強い新型インフルエンザ・キャメルが
 関西地域で蔓延してしまったとした小説です。


 今、だれでも知っているPCR検査や致死率や
 ワクチンなどの用語が出てきます。


 この小説では新型インフルエンザは弱毒性に
 もかかわらず、マスコミの報道により
 蔓延した地域経済が破綻します。


■後半は検察と官僚の関係や、
 新型インフル対策の地域封鎖をテコにして
 中央集権を否定する道州制まで飛び出して、
 話は混乱していきます。

 
 感染症のアウトブレイクで
 都市のロックダウンをストーリーに
 入れたのは慧眼だと思いました。


 海堂さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・(新型インフルエンザ)キャメルが大流行していると言いながら、死者は17人やて。結核は毎年2万人が罹り、2000人が死んでいるいうのに、日本に入ってもないキャメルに対して騒ぎすぎや(p53)


・季節性インフルエンザの死者は毎年相当おる。2003~2004年のシーズンには2400人、2004~2005年には1万5千人が死亡している・・・それと比べたら新型のキャメルは、蔓延してる国でさえ死者が100人台で、弱毒性疾患なのは明らかや。なのになんでこんな大騒ぎするんか、不思議や(p74)


・厚生労働省から新型インフルエンザ・キャメルに対するPCR検査は、渡航歴のある患者に限るという事務連絡があったそうや。役人連中は、キャメルは日本に入ってきてないという建前で検査法を適用しとる。日本国内にないから、調べるのは渡航歴のある人間に限定するわけや(p80)


・先ほど本省の方針が決定されたのでお伝えします。この診療所を閉鎖しキャメル患者隔離施設として転用せよという、事務連絡第313号です・・・当該地域でいきなりキャメル発生などと明らかにすれば大混乱になります。とりあえず情報は秘匿する方向で、との指示です(p96)


・これが致死率80%を超えるエボラ出血熱や、先年流行の兆しが見られた致死率10%の鳥インフルエンザの変種、SARS(重症急性呼吸器症候群)に対する反応なら納得できる。だが今回の新型インフルエンザ・キャメルは弱毒性らしい。ならば対応は普通の季節性インフルエンザに準じればいい(p105)


・ゴールデンウィーク、修学旅行のキャンセルが相次ぎ、ホテルの客室稼働率は限界線を切り、浪速市の観光関連産業は危機的状況となった・・人が来ないということはそれだけ地域経済に深刻なダメージが与えられている、ということだ(p113)


・ひたすら腹囲測定でデブ狩りを行ない、メディアも一緒になって囃し立てた。ですがメタボ検診というデブ狩りで日本国民の健康状態は向上しましたか?(p325)


・インフルエンザ・ワクチン・・任意接種に変わった・・ワクチン接種による副作用をメディアがクローズアップしたせいだ。脳性麻痺や死亡例もあった。だがインフルエンザに罹れば死ぬこともある・・・マス(集団)の効果と個別案件は切り離さなければ、公衆衛生や検疫業務はやれないさ・・・その時は、裏でマスコミを扇動し予防接種体制を変えようと世論操作した一派がいたんだ(p155)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

海堂尊 、新潮社


【私の評価】★★☆☆☆(69点)



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: