本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「静寂の梢」岸 暎

本のソムリエ 2021/06/06メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「静寂の梢」岸 暎


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


要約と感想レビュー

 著者が、自然の中でのら猫に出会い、感じたことを詩のような形で表現した一冊。


 人間の生活とは別に、自然はただ存在してその姿を著者に見せているのです。


 人はどうして生きるのだろう、と思わせてくれる一冊でした。


 岸さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・みんな 何かに飢えている
 みんな 何かを待っている(p19)


・えてして人は
 自分の考えたいように考える生き物である(p21)


・この樹木の下に生きる虫は
 晴天の日にも仄暗いこの枝々の拡がりを
 「世界」だと思い死んでいくだろう(p55)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「静寂の梢」岸 暎


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


著者紹介

 岸 暎(きし あき)・・・1967年生まれ。タウン情報誌、進学塾勤務を経て、学習塾経営。そのかたわら、小説、詩の執筆を続けている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: