無料メルマガ購読

★2文学と小説の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(69点)■14歳のとき東京大空襲を生き延びた 阿部攝子(あべせつこ)さんの手記を 小説にした一冊です。 阿部攝子(あべせつこ)さんは もちがし屋の娘。 せっちゃんと呼ばれていました。 そこでは時々お店の前を掃除して もちがしの切れ端をもらう直吉、 通称「お...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点)■元文部科学省の技官が書いた 福島第一原発事故後の除染の目標が 年間1ミリシーベルトになった経緯です。 著者は、放射線作業員の線量限度が 五年間で100ミリシーベルト、 年平均20ミリシーベルトであること。 年100ミリシーベルトは 野菜不足や運動不...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■キリスト教原理主義の母親に育てられた 著者の自伝的小説です。 キリスト教原理主義は、 キリスト教徒の間でも理解できないほど 極端な考え方のようです。 ただ、キリスト教の知識がないと よくわからないというのが実感です。■そして、著者はなぜかレズビアン...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点)■詩というものは、 難しい。 シンプルな言葉で 訴えてくる。 それに感じるかどうかは その人しだいなのだろう。■私の場合は、 多くの本を読みすぎて、 あまりぴんとこなかった。 来る人は読んでいただきたいな。 坂村さん、 良い本をありがとうござ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■結婚式で感動的なスピーチを聞いたOLが、 政権交代を目指す野党の スピーチライターになるという物語。 スピーチの勉強になる。 内容はあっても、 スピーチで差がでるのですね。■中味のある人こそ、 スピーチを学びたいものです。 現実には中味がない人ほ...

続きを読む
(ビームコミックス)"style="border:none;"/>【私の評価】★★☆☆☆(65点)■テルマエ・ロマエで風呂をテーマに 古代ローマと日本を比較した ヤマザキさんの一冊。 バカらしいのだが、 面白い。 日本人と古代ローマ人には、 共通点があるように思います。 大...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(61点)■モンゴルでODA事業に取り組む商社マンが凍死した。 その死の秘密に、 女性開発コンサルタントが近づいていく物語です。 ODAとは政府開発援助。 日本は毎年1兆円くらいのODAを 実施しているのです。・2008年、JICAはJBICのOECF部門を吸収...

続きを読む
白い紙/サラムpostedwithamazletat12.02.05シリン・ネザマフィ文藝春秋売り上げランキング:136725Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(69点)■著者はイラン人の女性。 イラン・イラク戦争時の話と、 日本に難民認定されないアフ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■少女モモは、人の話を聞ける女の子です。 あるとき、時間を盗む男たちが 現れました。 男たちが時間を盗む方法は、 人が効率を重視し、 その瞬間を楽しむことをさせないこと。   本当の人生とは、 自分のほんとうにしたいことを することなのです。■...

続きを読む
ギヴァー記憶を注ぐ者postedwithamazletat11.10.13ロイスローリー新評論売り上げランキング:30822Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(68点)■2001年宇宙の旅のような 不思議な感覚の小説でした。 その世界は、 感情が...

続きを読む
1 2 3

>月別(2002年7月~)