本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「1Q84」村上 春樹

(2009年12月31日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


内容と感想

■青豆は女性。
 青豆は、小さな宗教団体のリーダーを
 殺害しようとしている。


 そのリーダーはリトル・ピープル(神?)の
 この世の窓口になっているのだ。


■天吾は『空気さなぎ』という
 小説のゴーストライター。


 『空気さなぎ』ではリトル・ピープルが
 大きな力を持って世界を支配している。


 小説で、リトル・ピープルの存在を
 公表してしまったのだ。


■二人は普通の1984年の世界と、
 リトル・ピープルが作った1Q84の
 世界にさまよっている。


 この小説には、
 人生を変えるような知恵はないが、
 不思議な世界があると感じました。


 村上 春樹さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「チェーホフがこう言っている」・・・「物語の中に拳銃が出てきたら、それは発射されなくてはならない、と」(BOOK2 p33)


・「我々は小さな宗教団体です。しかし、強い心と長い腕を持っています」坊主頭は言った。(BOOK2 p155)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★☆☆☆(67点)



著者紹介

村上 春樹(むらかみ はるき)・・・1949年生まれ。小説家。ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』でデビュー。1987年『ノルウェイの森』は400万部を売るベストセラーとなる。『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』など著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: