本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?」

(2010年11月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))


【私の評価】★★★☆☆(75点)


内容と感想

■村上春樹さんというと、
 大ベストセラー作家ですし、
 イスラエルでの「壁と卵」の話など
 非常に興味のそそられる作家です。


 この本は、村上春樹さんのホームページ上で、
 読者とメールのやり取りから作り出された
 Q&A集です。


・どのような読書体験を積めば『貧しい人々』と『罪と罰』の良さがわかるようになるか?あなたが読んでみて「良い作品だ」と思ったものが、あなたにとって良い作品なのであって、他人が何を言おうと関係ないです。(p166)


■村上さんの印象は、
 合理的な普通の人。


 「結局は・・・」
 というフレーズが多いので、
 本質的なことを考えている人なのでは・・・
 と思いました。


 村上さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・僕はずっと長いあいだテレビをまったく所有していませんでした・・・それで当時はNHKの集金の人が来ると、「テレビないから、受信料は払いません」と言っていたんだけど、ぜんぜん信じてくれないんですよね。一度なんか、「嘘つきなさい。嘘をついてもわかるんだ。そういうのを泥棒って言うんだ」と言われました。(p161)


・それで僕は言いたいのだけど、結局のところ、あなたはあなたの「良いところ」で勝負をするしかないですよね。(p114)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★☆☆(75点)



著者紹介

村上 春樹(むらかみ はるき)・・・1949年生まれ。小説家。ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』でデビュー。1987年『ノルウェイの森』は400万部を売るベストセラーとなる。『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』など著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: