本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「雨の日も、晴れ男」水野敬也

(2008年12月 6日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の日も、晴れ男 (文春文庫)


【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■「バッドラック」として出版された本の
 文庫版のようです。


 二人の神様が、楽天家のアレックスに
 不幸をもたらしますが
 アレックスはまったくめげません。


 アレックスは、神の予想をこえる前向きな姿勢で、
 不幸にめげないのです。


■神は、私たちに良いこと、
 悪いことをもたらしますが、
 それによってどう生きるかは
 自分で選択することができるのです。


 たとえ話としてのストーリーとしては、
 わざとらしかったですが、
 大切なことを教えてくれる一冊です。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・前向きに生きるっていうのは、いつも近くにいる誰かを楽しませ、笑わせ、喜ばせようとする姿勢そのものなのかもしれない。(p232)


・神は、人を不幸にすることも、幸福にすることもできない。ただ、出来事を起こすだけ。(p234)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★☆☆☆(66点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: