本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「白い紙/サラム」シリン・ネザマフィ

(2011年12月 3日)|

白い紙/サラム

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■著者はイラン人の女性。


 イラン・イラク戦争時の話と、
 日本に難民認定されないアフガン人のお話。

 
■爆弾の落ちてこない国、日本では、
 中東の人に較べて平和ボケしていることを
 再確認させてくれる。


 平和ボケできるだけでも
 幸せだと思うのだが・・・。
 水と平和は無料ではない。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・学校が終わると、まっすぐ家に帰って、
 母親の手伝いをするか、将来の結婚の準備のために
 子供の服を編みだすか。成績なんて、
 気にする子もいなければ、
 気になる親もいない。(p11)


・ここではみな明るくて、優しい・・・
 けど、そんなときでも向こうでは人が殺されている。
 忘れたら悪い気がする・・(p118)


・マザーの陥落と共に大勢のハザラ人が命を落とした。
 それは必ずしも戦争に参加した兵隊たちではなかった。
 犠牲者の多くは非難できなかった無防備な女性と子どもだった。
 レイラの母親もその中の一人だ。(p125)


白い紙/サラム
シリン・ネザマフィ
文藝春秋
売り上げランキング: 136725

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: