「本日は、お日柄もよく」原田マハ

| コメント(0) |

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■結婚式で感動的なスピーチを聞いたOLが、
 政権交代を目指す野党の
 スピーチライターになるという物語。


 スピーチの勉強になる。


 内容はあっても、
 スピーチで差がでるのですね。


■中味のある人こそ、
 スピーチを学びたいものです。


 現実には中味がない人ほど、
 スピーチに頑張っているのですが。


 原田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・出だしの一分でお祝いを四回も言ってる。
 で、また聴衆の耳が離れる。
 なんだこいつ、おんなじことばっか
 言ってるよ、ってね(p13)


・フレーズの冒頭に、「えー」とか「あー」とか
 付けるのは、しゃべるのに
 自信がない証拠(p14)


・檀上に上がって、まず五秒待つ。
 会場が静かになるのを。
 五秒で無理なら、十秒。(p80)


・原稿はきっちり仕上げる。
 けれど、決して読まない・・
 棒読みになったとたん、
 聴衆の関心が薄れるから(p91)


・スピーチライターの心得として、
 もっとも初歩的で、かつ難しいこと。
 人の話を聞けなかったら、
 スピーチライターにはなれないわけよ(p163)


本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
原田マハ
徳間書店 (2013-06-07)
売り上げランキング: 2,957

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

1 ヘンゼルとグレーテル
2 トゥルーデおばさん
3 長靴をはいた猫
4 わがままな子ども
5 灰かぶり(シンデレラ)
6 千匹皮
7 赤ずきん
8 ガチョウ番の娘
9 兄と妹



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)