本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界でいちばん面白い英米文学講義」エリオット・エンゲル

(2007年6月17日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■有名作家の私生活を教えてくれる一冊です。

 この本にはありませんが、
 「ハリー·ポッターと賢者の石」を書いたJ・K・ローリングは、
 赤ちゃんを抱えたシングルマザーで、
 生活保護を受けていました。


 偉大な作品は、普通の人間が書いていることが
 わかります。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・シェイクスピアは現代英語で作品を書いた最初の、
 偉大な作家なのです。・・・シェイクスピアが不朽の名声を
 勝ちえているのは、確実に彼が書いたといえる
 三十七の戯曲があるからなのです(p58)


・シェイクスピアが戯曲を書いていた十六世紀から十七世紀、
 この頃イングランドではだれもトマトを食べませんでした・・・
 お客さんはトマトを買い、座席に持ち込みます・・・
 いちばんひどい、芝居をぶち壊しにしている犯罪人と
 目する役者が、舞台のわきに出てきて、モノローグ(独白)を
 語るのを待っているのです。そしてトマトを取り上げ、
 その役者目がけて投げつけます(p66)


・ディケンズは、若干二十四歳のとき、
 大量販売向きのペーパーバックを発明したのです・・・
 常に連載の形で月に一度、三章同時掲載の形で発表していました(p174)


・チャールズ・ディケンズは、同じ作品を同じ読者に、
 分冊で一回、ハードバックで一回、そしてコレクターズ・エディションで一回と、
 三回も売った唯一の作家なのです(p180)


・「この先何百年も、わたしがシャーロック・ホームズを
 創り出した男としてのみ人に知られるようになったら、
 私の人生は失敗だったといっていいだろう」
 (サー・アーサー・コナン・ドイル)(p255)


・彼の最後の妻メアリーは、結婚した直後に、ヘミングウェイを
 どう思ったか手紙でこう打ち明けています。
 「薄情で、非常識で、利己的で、役立たず。
 鑑賞力も理解力もないエゴイストで、評判だけを気にする怪物」(p342)


世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生
エリオット・エンゲル
草思社
売り上げランキング: 477,639

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: