★5一流に学ぶの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ■「夢をかなえるゾウ」の著者が贈る  手紙の書き方です。  わかりやすいと感じたのは、  例として有名人の手紙が  10個以上紹介されているからです。  悪い例。  有名人の手紙。  良い例。  という構成が素晴らしい。 ・「具体的であること」...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■キリンビールのサラリーマンから  実父の突然の死により  実家の居酒屋チェーンを継ぐこととなった  湯澤さんの一冊です。  居酒屋チェーンの経営は  年間売上げ20億円に対し  40億円の借入金。  店舗も問題が山積みで、  板前がマージャン...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■「痛くない極細の注射針」を  プレスでの  大量生産を可能とした岡野さんの一冊。 (「カネは後からついてくる!」を  改題・再編集したものです。)  岡野さんは  誰もやらない難しい仕事、  誰もやらない儲からない仕事を  やってきました。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■「永遠の0」  「海賊とよばれた男」の  百田さんの一冊です。  百田さんは、  書くより話すほうが  100倍好き。  その雑談の技術は  どうなっているのでしょうか。 ・「つかみ」に無神経な作家に、  面白い小説が書けるわけがない、  と...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■「頭をよくするちょっとした「習慣術」 」  の「まんが」版です。  そもそも  「頭をよくするちょっとした「習慣術」」が  ★5つなので、こちらも★5としました。  では、中身を見ていきましょう。 ・「頭のよさ」の3つのポイント・・  1、自...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■萩本 欽一さんは、仕事先で  決して遊ばないらしい。  仕事でハワイに行っても、  仕事の跡でゆっくり  家族を読んで遊んだりしない。  なぜなら、  仕事中に遊びの運を使えば、  不運がやってくるからです。 ・仕事関連の大きなご褒美はもらわ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■著者は、東京都監察医務院で30年間、  変死体の死因解明をしてきた  鑑定のプロフェッショナルです。  退官後に300件以上の再鑑定を行い、  何度もの逆転判決を勝ち取りました。  この本では、そのいくつかの事例を  教えてもらえます。 ■再...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■法隆寺、薬師寺の再建で副棟梁をつとめ、  寺社建築会社「鵤(いかるが)工舎」棟梁の  小川さんの一冊です。  鵤工舎では徒弟制度で人を育て、  共同生活10年間の修行で  匠となります。  10年間という時間をかけて  じっくりと人を育てるの...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■東北弁の落語「東方落語」を聞いて、  "落語って深いかも"と感じて  手にした一冊です。  落語には、愉快な日常会話と  面白い下げ(オチ)がある。  落語を学ぶと、  人付き合いが良くなるんじゃないか?  と思ったのです。  その予想は、正...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■議員秘書から会社役員を歴任した著者が教える  ドロのかぶり方です。  ドロとは面倒なことを引き受けること。  だれかがドロを  かぶらなくてはならないのです。    そのドロをかぶることで、  上司に恩を売り、  上司から引っ張ってもらえばい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■テレビでお馴染みの旧皇族  竹田さんの生き方を記した一冊です。  旧皇族だから余裕があると思ったら、  実は27才で貯金なしの状態から  勉強を始めたとのこと。  月食費2000円で勉強を続けたことも  あったらしい。 ・切羽詰まった状況でな...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■偉人の伝記を語らせたら、  「ひすいこたろう」さんが  一番だと思います。  本当は、原書を読むのが良いのでしょうが、  そのためにはきっかけが必要です。  こたろうさんは、笑わせながら、  「伝記ってこんなに面白いんだ!」  ということを教...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■料理人として40年間修業を続けた  上神田さんの一冊です。  現在は、新宿学園・新宿調理師専門学校の  校長の立場で後輩の育成に携わっています。  料理人のスタートは、洗い場から始まります。  著者は洗い場で日本一になろうと、  志を立てまし...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■UCCコーヒーには、社長直属のコーヒーバカがいた・・・、  ということがわかりました。  発展途上国でのコーヒー作りは、  常に危機への準備と対応が必要です。    内戦に巻き込まれ、泥棒に合い、銃を突き付けられ、  大地震に遭遇し、山火事で...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■「小さなコツ」シリーズの野澤さんの一冊です。  1000人の成功者に聞いた成功のコツは、  いきなりレベルが高いです。  コツを知っているか、知らないかで、  その人の人生は大きく変わってしまうのでしょう。 ・私は仕事に対して、決して好き嫌い...
続きを読む
1 2 3 4 5
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む