★5国際関係の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(90点) ■過去の中国の武力侵攻と  情報戦の実情を整理し、  アメリカの対中国戦略を  考える一冊です。  この本が重要なのは、  著者がトランプ大統領の政策顧問の  ピーター ナヴァロであるということ。  過去60年にわたり軍事力行使を  繰り返して...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■日本のバブル崩壊、リーマンショック等を  予測し、的中させてきた  国際問題評論家、藤井さんの一冊です。  藤井さんが予測する未来は、  国境なき世界ではなく  英国のEU離脱に見られるような  国民国家の復活です。  理想主義者が推進してき...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■三井物産でエネルギー関連事業に  取り組んできた岩瀬さんが、  ご経験をまとめた一冊です。  大手商社だけあって、  原油、天然ガス、石炭など  エネルギーの見方はしっかりしている。  エネルギー自給率4%の日本は、  エネルギーの安定確保こ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■なかなか中国のことが分かっている本だなあ・・と  読んでいたら、70年前の本でした。  中国は今も昔も、  まったく変わっていないようです。  中国は、  やることはめちゃくちゃですが、  プロパガンダは最高。  日頃から、中国人は  言い訳...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■1948年にGHQ労働局で働いた女性により書かれ、  アメリカで出版された書籍です。  日本では、GHQから  翻訳出版不許可となっています。  この本が伝えたいのは、当時の日本が  西欧の国際力学を学び、実践した結果、  西欧列強のように植...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■広告代理店の社員として上海万博に関わり、  中国ビジネスの本質を知った中国人女性による一冊です。  上海の大学に進み、日本の大学院に留学。  日本の広告代理店に就職します。  そこで上海万博という大きなビジネスチャンスと  出会いました。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■上司が読んでいたので購入した一冊。  国際外交インテリジェンスの専門家による  現在の国際情勢の分析です。  テレビで報道される内容との差に愕然。  まず、中国との尖閣諸島問題です。  尖閣諸島については、  中国の海洋進出の戦略の一つですが...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■メールマガジン『RPE(ロシア政治経済ジャーナル)』で、  国際情勢を分かりやすく解説してくれる  北野さんの新刊本です。  北野さんがいつも主張している  日本自立のためのアドバイスを  プーチンに語ってもらいましょう。 ・1 『戦わない』...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■日本人の特性を、  ユダヤ人と比較することで、  明らかにしていく一冊です。  日本では、南国の島のように、  寝そべっていれば食い物が落ちてくる  というわけにはいきません。  まじめに働かなければ、  飢え死にしてしまう。  集団で決まっ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■2005年、中国が小泉総理の靖国神社参を  執拗に攻撃していた頃の一冊です。  当時から中国の態度は同じですが、  最近は、自作デモによる日本法人の焼き討ち、  日本への旅行禁止や日本製品ボイコットと  実力行使や経済制裁を行っています。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■集中的に日中韓関係の書籍を読んでいます。  この本は、韓国好きの著者によって書かれた、  日韓併合後の日本統治時代を  再評価するものです。  現在の韓国では、日本統治時代は  ひどい時代だったと教育されています。  果たして本当なのでしょう...
続きを読む
米国製エリートは本当にすごいのか?posted with amazlet at 12.08.24佐々木 紀彦 東洋経済新報社 売り上げランキング: 11949Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■スタンフォード大学院で2年間、  国際政治経済...
続きを読む
チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たちposted with amazlet at 12.08.02遠藤 誉 朝日新聞出版 売り上げランキング: 4948Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■「チャイナ・ナイン」とは  「中央政治局常務委...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■テレビを見ていると  「中国が靖国参拝を批判して・・」  「韓国議員が竹島訪問・・・」  「ロシアがグルジアを攻撃・・・」  「拉致被害者の安否を・・・」  「沖縄米軍基地の移設が・・・」  「北朝鮮のミサイル発射・・・」等  いろいろな国際...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■ユダヤの知恵には、  引かれるものがあります。  知恵を宗教として  まとめていることも興味深いのですが、  笑いがあることが  私を引きつけるのでしょう。  多くの年月の失敗と成功の経験から、  学んだ知恵が蓄積されているのです。 ・奇蹟を...
続きを読む
1 2 3
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む