本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ラストエンペラー習近平」エドワード・ルトワック

本のソムリエ 2021/09/20メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラストエンペラー習近平」エドワード・ルトワック


【私の評価】★★★★★(93点)


要約と感想レビュー

 最近ヨーロッパの軍艦や空母がアジアに来ている理由がわからなくて、その答えが書いてあると知って手にした一冊です。


 著者のルトワック氏の答えは、対中包囲網であるクアッド(日米豪印戦略対話)にヨーロッパも参加しようとしているということです。特に中国の香港・ウイグル・モンゴルでの人権侵害および国際法を無視する海警法、香港国家安全維持法に対し、ヨーロッパ諸国は批判を強めているのです。


 さらに中国と対立するベトナム、インドに武器を売っているのはロシアであり、隠れクアッドとしてロシアの存在が浮かび上がるというのです。


・朝に「国際法を守れ。人権を守れ」」と説教しつつ、午後には空爆してくるのがアングロサクソンなのだ(p187)


 面白いのは、なぜ中国がこれほど国際法を無視するような強硬策を取り続けているのかということです。ルトワック氏の見立てでは、リーマンショックを見て、中国は既にアメリカと並ぶ大国になったと勘違いをしてしまった、というのです。


 中国は大国なのだから、他の小国は大国の言うことを聞かなくてはならないし、言うことを聞かなければ制裁すればよいと思い込んでいる。だから、尖閣諸島は中国のものだし、インドとの国境紛争地も中国のものだし、南シナ海も中国のものと宣言し、実行支配しようと行動しているのです。


 ところが、日本もインドもオーストラリアも大国である中国の言うことを聞かないばかりか、中国のメンツをつぶすようなことをするのか中国は理解できていないのです。


・(中国は)「何か揉め事が生じても、しょせん小国相手には、金(投資や貿易、関税などの経済的手段)で黙らせたり、言うことを聞かせたりあうることができる」と勘違いしてしまった(p28)


 この本でルトワックさんが提案していることをまとめておきましょう。中国との戦争を予防するため、軍備を増強する。武器としてのドローンを開発し、対策も開発。中国の脅迫は拒否し、習近平のメンツを潰す。中国をマネして海上保安庁に巨大船を配備する。


 中国を支援するグループは、この提言を潰すために、軍備増強は平和の敵であり、ドローン兵器は人道上問題があり、中国と対立すると経済的に大きな損失となるとキャンペーンを行うのでしょう。


 最後に、もっとも危険なのは軍事バランスの崩れている台湾であるというのは、間違いないようです。そのためにヨーロッパ諸国は軍艦をアジアに派遣し、日本も南西諸島の防衛力増強を進めているのです。


 ルトワックさん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・戦略(安全保障)は経済に優先する・・・たとえ相手が最大の貿易相手国でも、戦略上の対立が深刻になれば、戦争は始まってしまうのである(p39)


・中国の強硬姿勢を象徴するのが・・・香港国家安全維持法である・・・世界中のすべての人間が中国の法律に従わなくてはならない、という規定なのだ・・・もうひとつは海警法である(p40)


・いま習近平は、チベット人、モンゴル人、ウイグル人というアイデンティティを完全に剥奪し、漢民族に同化させようとしている。これは毛沢東さえやらなかったことだ(p95)


・スウェーデン軍はフィンランドとの国境に近い北部に精鋭部隊を配置している・・・ソ連がフィンランドになだれこんできたときのための部隊だった・・・日本も同じようなことができる(p86)


・真剣な国防は徴兵制度から始まるものだが、台湾はすでに2012年に徴兵制から志願制への移行を決定・・(p86)


・平和が戦争の原因になる・・・台湾に行けば、実に平和そうなところだと誰もが実感する。若者は徴兵されていないし、軍のパレードや行軍を見ることもないし、学生や主婦が射撃の訓練をしているところを見かけることもない(p191)


・中国側が「小国」と認定しているような国が、中国側が持ちかけた提案や、すでに成功したと喧伝でたものを拒絶したり拒否したりすることによって「メンツを潰す」というサプライズが有効だということだ。日本やベトナムはこれができる(p109)


・これから新しい有人機を開発しようとすることは、テクノロジーを無視しているとしか言いようがない・・・私たちはドローンとAIという「新しい機関銃」の時代に立ち会っている(p138)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「ラストエンペラー習近平」エドワード・ルトワック
エドワード・ルトワック,文藝春秋


【私の評価】★★★★★(93点)



目次

序章 「戦略のロジック」で中国を見る
第1章 最悪の選択「チャイナ4・0」
第2章 米中対決 勝者はどっちだ?
第3章 習近平を「つまずかせる」には
第4章 軍事テクノロジーの逆説
第5章 軍事テクノロジーの逆説 エアパワー編
第6章 戦略のパラドキシカル・ロジック


著者紹介

 エドワード・ルトワック(Edward N.Luttwak)・・・歴史学者。ワシントンD.C.の大手シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)シニアアドバイザー。1942年、ルーマニア生まれ。イタリア、英国で育つ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学び、1975年にジョンズ・ホプキンス大学で博士号取得。同年国防省長官府に任用される。国家安全保障会議のメンバーも歴任。専門は軍事史、軍事戦略研究、安全保障論


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: