本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「異文化理解力―相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養」エリン・メイヤー

(2017年8月24日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

【私の評価】★★★★★(94点)


■海外での仕事が増えている今、
 その国の文化に合わせた仕事の
 やり方が求められています。


 著者は、異文化マネジメントの
 専門家で多くの外資系企業に
 教育を行っています。


 東芝に買収されたウェスチングハウス
 でも教育を行っていたようですね。


・東芝傘下のウェスチングハウスでプログラムを持ったとき、私は日本人の参加者たちに、なぜあなたたちの文化は力の限りを尽くして対立を避けようとするのか聞いたことがある・・聖徳太子の十七条の憲法は「和を以て貴しと為す」と始まります(p246)


■驚くのは、日本と同じくらい
 欧米諸国の間でも
 差が大きいということです。


 イギリス人はほのめかし、
 オランダ人はそれを理解できない。


 アメリカ人は褒めてから叱るが、
 フランス人は激しく批判し、
 控えめに褒めるらしい。


・フランスでは、ポジティブフィードバックはほのめかして伝えられることがいいく、ネガティブ・フィードバックはそれに比べ直接的に伝えられる。アメリカでは、これがちょうど正反対なのだ(p24」)


■多くの具体例をジョークのように
 楽しめる一冊でした。


 日本人の間でも差があるのですから、
 国が違えばここまで違うのか!と
 びっくりします。


 メイヤーさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・イギリス人の多くは、まったくの無表情で辛辣だったり皮肉の聞いたジョークを言うことを好んでいる・・アメリカ人がジョークを言うとき、特にプロの場合、はっきりと言動や動作で「これはジョークです」と示すことが多い(p65)


・オランダ人のマネジャーはいかなるときも正直で率直なメッセージを伝える方法を身につけている。アメリカ人はネガティブなメッセージを ポジティブなメッセージで包み込むように訓練されている一方で、フランス人は情熱的に批判し控えめに褒めるように訓練されている(p89)


・イギリス人が言うこと・・失礼ながら・・イギリス人が意味すること・・あなたは間違っていると思う・・オランダ人が受け取ること・・ 彼は私に賛成している(p93)


・西洋文化出身の人々のほどんどはメッセージをぼかすという考え方を好まない。彼らは短く、簡潔で、そして、なにより、率直なメッセージを好む。しかしメッセージをぼかすことは多くのアジア文化においてとても効果的だ(p112)


・デンマークでは、社長は社員と同格で、清掃員よりちょっと上という認識です(p147)


・アメリカやスイスといった国々では「仕事は仕事」であり、中国やブラジルのような国々では「仕事は人」なのである(p211)


・全員の前で私の知識のなさを指摘すると・・私は「面子を失う」ことになり、ある意味公衆の面前で恥をかくことになる。中国、韓国、そして日本などの儒教的な社会では、チーム全員の面子を保ちながら調和を維持することが一番重要になる(p245)


・ドイツ人たちは、ナイジェリアでは物事がつねに変わっていくことを理解していない。三か月先のミーティングの予定を今日建てられないのは、この先何が変わるかわからないからだ(p284)


・日本人は中国人がよくも考えもせず、性急な決断をし、混乱を増長させると不満を言います。このアジアの二カ国は一緒に働くのが難しいだけでなく、日本人はあらゆる点で中国人というよりドイツ人的です(p298)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
エリン・メイヤー
英治出版 (2015-08-22)
売り上げランキング: 2,558


【私の評価】★★★★★(94点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

1 空気に耳を澄ます ―― 異文化間のコミュニケーション
2 様々な礼節のかたち ―― 勤務評価とネガティブ・フィードバック
3 「なぜ」VS「どうやって」 ―― 多文化世界における説得の技術
4 敬意はどれくらい必要? ―― リーダーシップ、階層、パワー
5 大文字の決断か小文字の決断か ―― 誰が、どうやって決断する?
6 頭か心か ―― 二種類の信頼とその構築法
7 ナイフではなく針を ―― 生産的に見解の相違を伝える
8 遅いってどれくらい? ―― スケジューリングと各文化の時間に対する認識


■関連書籍

「世界で戦える人材」の条件」渥美育子
【私の評価】★★★★☆(85点)

異文化理解の問題地図」千葉 祐大
【私の評価】★★★★☆(84点)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: