本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「反日種族主義 日韓危機の根源」李 栄薫

(2020年4月28日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★★(95点)


■韓国における教科書の事実誤認・歪曲、
 日本を悪魔化した定説について
 過去の資料やデータを示しながら
 検証する一冊です。


 驚くべきは韓国の教科書に
 まったく事実と異なることが
 書いてあることでしょう。


 例えば、韓国の教科書では日本は
 土地調査事業を通じて40%の土地を
 韓国人から収奪し、
 映画「アリラン」では、抵抗する人を
 4000人もその場で死刑にしたという。


 もちろん日本が理由もなく
 土地を奪うはずがなく、抵抗した人を
 死刑にするはずがありません。
 そうした記録も証拠ありません。


 しかし、こうしたでたらめな
 作り話が教科書に記載され、
 小説、映画となって韓国人の
 常識となっているのです。


 これでは韓国人が日本人を
 残虐非道な野獣のような民族と
 考えてもおかしくないのでしょう。


・朝鮮総督府が土地調査事業を通し全国の土地の40%を国有地として奪った、という教科書の記述は、でたらめな作り話でした・・日帝が戦時期に朝鮮人を労働者として動員し奴隷にした、という主張は、悪意の捏造でした(p18)


■この本でいうところの
 「反日種族主義」とは、
 何なのでしょうか。


 著者は、朝鮮には
 もともと自由市民の共同体である
 民族は存在していないという。


 歴史的には親族のつながりを重視し、
 良民と賤民が対立する差別社会が
 あるだけであった。


 そして現代韓国、朝鮮に残ったのは
 そうした独裁部族(家族)が支配する
 差別社会であり、それを反日で
 一体化しているだけなのだという。


 これを反日種族主義と定義して
 嘘と歪曲を根拠とした反日感情について
 問題提起しているのです。


・今日の大韓民国で親日派は公共の敵です・・・慰安婦の事実を本にした朴裕河教授は、民刑事上の重い処罰の脅しを受けました(p177)


■日本で出版されている書籍に比べても
 一つひとつの事例を検証している姿勢は
 素晴らしいと思いました。


 韓国人研究者の立場からすれば
 これだけ事実と異なる内容が
 教科書に記載されているということは
 恥ずかしいことでしょうし、
 同様に、同じような歪曲報道が
 まかり通っている日本でも同じなのです。


 私にはこうした歴史歪曲は
 韓国の嘘つき文化だけが原因なのではなく
 北朝鮮や共産勢力などが意図的に
 情報操作していることも
 原因ではないのかとも感じました。


 闇は深く、著者の身が心配です。


 李さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています。2014年だけで偽証罪で起訴された人は1400人です。日本に比べ172倍・・保険金詐欺の総額は、4兆5000億ウォン・・ある経済新聞はアメリカの100倍だと報じています(p14)


・小説「アリラン」・・作家は、土地調査事業の期間に行われたこのような警察の即決による死刑は、全土で4千余件に及ぶ、と言っています・・当時の新聞と雑誌でこのような事件が報道されたことはただの一例もありません(p28)


・日帝の植民地支配に対する批判の中で最も多く耳にする話の一つが、日帝が朝鮮を食料供給基地にし朝鮮の米を収奪して行った、ということです・・・当時の米の生産量と輸出量の推移・・米の生産量は・・二倍に上がりました・・生産の半分が輸出・・・朝鮮米の日本流入が日本の米価を圧迫・・・日本の農民が朝鮮米の日本流入を制限しようとする動きを見せ、それに対し『東亜日報』が朝鮮農民の立場で断固として反対(p49)


・1911年に施行された「朝鮮会社令」で日帝は朝鮮人資本が成長できないように抑圧した、と記述しています。朝鮮会社令は会社の設立を規定したもの・・・ところが教科書は、会社令は朝鮮人だけを規制したのではなく、日本人の朝鮮での会社設立も同様に規制したということに言及していません(p62)


・韓国史の教科書は・・・「賃金もきちんと支払わずに酷使した」「賃金は日本人労働者の半分程度で、そのうち多くが控除され、実際に受け取った金額はわずかなもの・・・ある炭鉱の『賃金台帳』から・・・10時間労働の基本給は、朝鮮人は平均1円72銭、日本人は1円70銭でした・・・1944年の朝鮮人炭鉱夫の賃金は、日本人大卒事務職の2.2倍、巡査の3.7倍(p90)


・請求権協定の真実・・・このように韓国側の請求権主張を一つひとつ詰めて行くと、朴正煕政権の7億ドルの主張に対し日本が認定する金額は、最大7000ドルに過ぎませんでした・・無償3億ドルと有償2億ドルの方式で妥結しました・・韓国側が約22億ドル分の在韓日本人財産をすでに取得していた点も考慮しなくてはなりません・・(p113)


・1951年・・韓国軍は将兵に性的慰安を提供する特殊慰安隊を設立しました・・・特殊慰安隊に所属した慰安婦の総数は700人程度と推算されます・・・性労働の強度は、一日平均6.3回(p221)


・50年過ぎて新たな記憶を作り出し、日本を攻撃し続けて、結局韓日関係を破綻寸前にまで持って行ったこと、まさにこれは1990年以降の挺対協の慰安婦運動史でした(p324)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ



李 栄薫、文藝春秋


【私の評価】★★★★★(95点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ 嘘の国
第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
2 片手にピストルを、もう片方に測量器を
3 食糧を収奪したって?
4 日本の植民地支配の方式
5 「強制動員」の神話
6 果たして「強制労働」「奴隷労働」だったのか?
7 朝鮮人の賃金差別の虚構性
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
9 もともと請求するものなどなかったーー請求権協定の真実
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対
第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
12 独島、反日種族主義の最高象徴
13 鉄杭神話の真実
14 旧総督府庁舎の解体ーー大韓民国の歴史を消す
15 親日清算という詐欺劇
16 ネバー・エンディング・ストーリー 「賠償!賠償!賠償!」
17 反日種族主義の神学
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
19 公娼制の成立と文化
20 日本軍慰安婦問題の真実
21 解放後の四十余年間、慰安婦問題は存在しなかった
22 韓日関係が破綻するまで
エピローグ 反日種族主義の報い


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: