本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「知ってはいけない明治維新の真実」原田 伊織

(2020年4月29日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(85点)


■明治元年が1868年ですから
 今年は明治維新から152年。
 人生75年とすれば、2世代
 過ぎたことになります。


 ちょうど中間に太平洋戦争が
 入っていますので、歴史は75年で
 大転換するのかもしれません。
 

 さて、東北人の私にとって、
 「戊辰戦争は何だったのか」
 というのは心の中の
 闇のテーマとなっています。


 この本では、明治維新とは
 薩摩・長州などによる軍事
 クーデターであったとしています。


・薩摩島津家は、幕府による貿易管理の目をかいくぐって結局密貿易によって財を蓄え、それでイギリスから最新鋭の兵器を購入し、軍事クーデターによって政府を倒してしまうのです(p26)


■その明治維新と言われるクーデターは、
 テロと軍事力によって成立しました。


 欧米列強と外交を行う幕府に対して、
 薩長土佐藩士が「攘夷」を叫んで
 京都でテロ活動を行っていた。


 孝明天皇を暗殺(推定)し、
 京都に派兵したうえで
 15歳の明治天皇を人質とした
 「王政復古の大号令」を発布。


 大号令がうまくいかないとみると、
 薩長は幕府を挑発するために赤報隊を
 組織し、江戸でテロを行ないました。


 こうしたテロをきっかけに
 鳥羽伏見の戦い、戊辰戦争とつながり、
 薩長の軍事力によるクーデターが
 完成することになるのです。


・テロリストには、薩摩藩士や土佐藩士、土佐の郷士崩れなども含まれていますが、圧倒的中心が長州のテロリストでした。彼らのやり口は非常に凄惨で、首と胴体、手首などをバラバラにし、それぞれ別々に公家の屋敷に届けたり、門前に掲げたり、上洛していた一橋慶喜(後の将軍・徳川慶喜)が宿泊する東本願寺の門前に掲げたり、投げ入れたりしたのです(p156)


■現代に置き換えれば、
 某宗教団体が日本政府を挑発するために
 東京で大量殺人テロを繰り返し、
 それを取り締まろうと自衛隊が出動したが
 逆に自衛隊が敗退してしまい
 某宗教団体が日本を支配してしまった、
 というようなことでしょうか。


 倒幕のためには手段を選ばない、
 テロだけでなく天皇さえ利用する
 その柔軟性には驚くべきものがあります。


 最後は軍事力を持ち、それを
 行使することをためらわない勢力が
 勝つということを歴史が
 教えているのかもしれません。


 原田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・幕府を倒し、新しい政府を創るというこの一連の動きを・・「明治維新」と呼んでいますが、これは単なる政治的な覇権争いであったのです(p4)


・長州の吉田松陰、桂小五郎(木戸孝允)、高杉晋作、山縣有朋、伊藤博文、井上薫、薩摩の西郷隆盛、大久保利通、土佐の坂本龍馬、板垣退助、後藤象二郎、肥前の大隈重信、江藤新平たち・・・彼らの殆どは現代流にいえば暗殺者集団、つまりテロリストたちでした(p154)


・テロ行為の一部を、敢えて列挙しておきましょう。
 ・桜田門外で水戸脱藩のテロリストと薩摩藩士に暗殺された大老井伊直弼の彦根藩ゆかりの者の暗殺(長野主膳の家族など)
 ・同じく彦根藩ゆかりの村山可寿江の生き晒し
 ・京都町奉行所与力やその配下の暗殺(賀川肇など)
 ・幕府に協力的とみた商人への略奪、放火、無差別殺人
 ・佐幕派とみた公家の家臣たちの暗殺(あまりに多数・・
 ・学者の暗殺(儒学者池内大学など)
 ・その他、仲間内でハクをつけるための無差別殺人(p155)


・長州テロリストは、口を開けば「攘夷!」「攘夷!」と喚(わめ)きましたが、条約締結から既に10年近く経っており、彼らのいう外交人排斥が如何に現実離れした暴論であるかを認識しておく必要があります。恐らく、テロの主導メンバーもそれは分かっていたはずです(p158)


・高杉の「奇兵隊」・・実態は「ならず者」集団に近かったのです。百姓は勿論含まれてはいましたが、犯罪者、元犯罪者など、要は「宗門人別改帳」から外された暴れ者(戸籍のないヤクザのようなもの)が多かったのです・・・奇兵隊には、入隊しても犯罪を犯す者が多発し、高杉は、「盗みを為す者は殺す」という触れを出しています(p160)


・長州の桂小五郎たちは、京において、略奪、放火、暗殺というテロ行為を意識して積極的に展開しました・・・桂小五郎29歳 高杉晋作23歳 久坂玄瑞22歳 吉田稔麿21歳(p161)


・赤報隊が、正式に組織されたのは年が明けた慶応4(1868)年ですが、その前に西郷は相楽たちに命じました・・・毎夜のように、鉄砲までもった無類の徒が徒党を組んで江戸の商家へ押し入るのです・・家人や近隣の住民が惨殺されたりしました。そして、必ず三田の薩摩藩邸に逃げ込むのです(p187)


・幕府人にとって、錦旗を偽造するなどという行為は想像を絶する悪行であり、神仏に背く行為です。その点、長州・薩摩人は柔軟であったともいえますが、特に長州人もともと気の荒いことでも知られ、六十余州三百諸侯の中でお上(天皇)のおわす御所に大砲をぶっ放したのは後にも先にも長州人だけです・・(p207)


・明治3(1870)年、薩摩、長州、土佐三藩が兵を差し出し、「御親兵」が成立しました。これを主導したのが西郷です・・・「廃藩置県」が断行できたのも、新政府が八千人にこの軍事力をもっていたからです。御親兵は、明治5(1872)年に「近衛兵」とその名を変えましたが、一貫して中核を担っていたのは薩摩兵でした(p221)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

原田 伊織、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★☆(85点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 歴史の検証を阻む薩長史観
第一章 黒船来航の舞台裏
第二章 勝海舟という虚像
第三章 戊辰戦争という奇妙な戦
第四章 明治政府の腐敗と「西南の役」
終章 軍国日本を創った明治維新


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: