無料メルマガ購読

★2国際関係の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(68点)■米朝会談が近づく中で 手にした一冊です。 高校まで日本で育った韓国人 ビジネスマンが韓国人と 仕事をするコツを教えてくれます。 日本で育った著者は、 韓国に戻って ショックを受けます。 やはり同じ姿形をしていますが、 中身は別物であり、 日本...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■朝日新聞出身の軍事ジャーナリストが どんなことを言っているのかな、 と手にした一冊です。 2007年の本ですので、 ちょうど北朝鮮の核ミサイル開発が 問題となり、北朝鮮を米国が攻撃するのか、 それともどう対応するのか議論になっている ときの書籍です...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■地政学と言いながら、 中身は国際政治と歴史の勉強と なっています。 地政学とは国際関係と歴史を 説明するための道具であり、 思考法であるのです。■「力」は空白を埋めるという事実と、 最終的には軍事力で決まるという 冷然とした事実があります。 平...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■高城さんの仮説は、 新しい技術とバブル崩壊が 交互に起こるというものです。 そう考えると、ネットによる 技術革新に伴いもっと大きな 大恐慌がやってくるのではないかと 予想しているのです。■すでにリーマンショックが アメリカを中心とする経済圏を ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■中国、朝鮮、日本の関係について 説明した一冊です。 アジアの中で反日なのは 中国と朝鮮だけです。 いかにこれらの国と 外交していくのか  悩ましいものだと思います。■まずやることは、 現実を把握することでしょう。 相手は何を意図して どう動い...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■ウィキリークスが大量の米国の外交公電を リークして話題になったのは2010年頃。 この本は2011年にウィキリークスについて 解説した一冊です。 当時の日本は民主党政権でした。 民主党政権の外交は、米国には 愚かに見えていたいようです。 米国より中...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■トランプ大統領誕生を どう読み解くのか考えるために 手にした一冊です。 ダークサイドとは、 自分だけ良ければいいという 考え方です。 孤立主義であり、 武力による覇権であり、 帝国主義的な考え方です。・白人至上主義、不健全で、暴力的な アメリ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■外務省OBと渡部昇一さんの放談会です。 話は日本の外交がメインです。 米国との関係。 反日の中国、韓国との付き合い方。 銃弾の飛ばない情報戦が、 今も行われているのでしょう。■日本に多く存在する 朝鮮出身の人の活動に 警鐘を鳴らしています。 反...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■バチカンは、一つの国家のような 力を持っています。 そして、バチカンにはお金が集まってくる。 お金に色はありませんので、 いろいろなお金が集まってくるということです。 バチカンにも、宗教法人と同じような お金の問題があるのですね。 良い本をありがと...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■1986年に出版された本の 改訂版です。 日本人と中国人がちがうのは だれでも知っていること。 ただ、知っていても、 現実に対応を変えるのは たいへんですね。■できるだけ、こうした本で違いを学んで、 現実に対応したいものです。 中国人にとってお...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9

>月別(2002年7月~)