本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート」宮家 邦彦

2017/01/05公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート―


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


要約と感想レビュー

 トランプ大統領誕生を、どう読み解くのか考えるために手にした一冊です。タイトルのダークサイドとは、自分だけ良ければいいという考え方です。それは孤立主義であり、武力による覇権であり、帝国主義的な考え方です。


 最近、自国の国益ファーストで軍事行動も辞さないというリーダーが増えているように感じます。理念なき武力は破壊をもたらし、武力なき理念は寝言なのでしょう。


・白人至上主義、不健全で、暴力的なアメリカ第一主義を唱える「ダークサイド」(p63)


 ヨーロッパにおいても、ダークサイドが力を持ってきました。EUは一つにまとまらない。イギリスはEUを脱退する。ロシアはクリミアを併合する。各国の利己的な行動を制御できなくなってきているのです。


・ユーロも必ずしもうまく機能していない。それどころか、各国は利己主義的になり、言いたいことを勝手に言い合うようになっている。ギリシャは経済的に実質破綻・・(p85)


 これまでのグローバル化、自由化という流れが変わってきたのだと思いました。資源を持たない日本としては、エネルギーだけは確保しておきたいですね。宮家さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・米国内に充満していた「怒り」、「閉塞感」、「やるせない思い」や「不満」、そういったものが「ダークサイド」に充満したガスとして噴出した(p4)


・ヨーロッパの各民族は、文化が一つひとつ強力で、容易に融合されることがない(p79)


・ロシアは戦った。そして、敵が来る前に「緩衝地帯」(バッファー)を取っておけばいいんだと考えるようになった・・・周りの国や民族にとっては、ロシアの帝国主義ということになります(p233)


トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート―
宮家 邦彦
時事通信社
売り上げランキング: 3,954


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


目次

第1章 何がトランプを大統領に押し上げたか
第2章 世界を覆うダークサイド
第3章 ブレグジットとロシア熊の覚醒
第4章 ダークサイド「諸帝国の逆襲」
第5章 地政学リスクとは何か―正しい日本の針路の取り方



著者紹介

 宮家邦彦(みやけ くにひこ)・・・1953年、神奈川県生まれ。東大法学部卒。1976年米国ミネソタ大学留学、1977年台湾師範大学語学留学。1978年外務省入省。外務大臣秘書官、中近東第二課長、中近東第一課長、日米安全保障条約課長、中東アフリカ局参事官などを経て2005年退官。2006から2007年第1次安倍内閣「公邸連絡調整官」として首相夫人を補佐。現在、立命館大学客員教授、外交政策研究所代表。2009年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: