本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢」宮崎 正弘

(2017年1月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■ウィキリークスが大量の米国の外交公電を
 リークして話題になったのは2010年頃。


 この本は2011年にウィキリークスについて
 解説した一冊です。
 当時の日本は民主党政権でした。


 民主党政権の外交は、米国には
 愚かに見えていたいようです。


 米国より中国よりの外交をしていた
 影響もあるのでしょうか。


・鳩山政権ができて、外交のガの字も知らない
 岡田外相(当時)は密約を調査して
 公表するなどと言い出した。
 「密約」問題に関する有識者委員会の
 調査結果の公表は外交常識を踏みにじる行為で、
 相手国が激怒するのは当然だが、
 あまりに無知蒙昧な民主党政権の対応を
 米国は懸念する(p28)


■ウィキリークスで公開された
 大量の機密文書のなかで
 重要な情報はごく一部です。


 大量の文書の中から
 重要な情報を抽出し、
 全体像を把握する作業が
 必要になります。


 そうした分析と情報の裏取りを
 メディアと連携して行っているのが
 ウィキリークスなのです。


・ウィキリークスの暴露公電のなかで
 同タイム誌の数字を用いると、
 トップシークレット(最高機密) 2%
 シークレット(機密)     77%
 コンフィデンシャル(内密)  21%(p222)


■この本のなかでは
 どこまでがウィキリークスの情報で、
 どこまでが著者の見方なのか
 よくわからないところがありました。


 日時も含めて引用先を明確にして、
 事実と分析を明確にすると
 参考になるのではないでしょうか。


 宮崎さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ウィキリークスは2006年に設立され、
 数百人の支援者がいるという。
 常勤スタッフは数名、ボランティア作業に
 加わるシンパが400名前後(p11)


・サウジアラビア国王が執拗にイランへの
 攻撃を要請した・・
 リビアのカダフィ大佐がブロンドの
 ウクライナ美女を四人、いつもそばに置いているとか、
 「同盟」のはずのアフガニスタンの
 カイザル大統領への低い評価など(p18)


・ウィキリークスが暴露した最新情報は、
 中国がネパールの国境警備員を買収し、
 同国経由でインドに亡命するチベット人を
 拘束させているという・・(p55)


・イェーメン南部のアルカイダ秘密基地を
 爆撃したのはイェーメン空軍ではなく
 米軍だった(p225)


・日本の学者で尖閣諸島は中国領だと主張して
 北京から英雄扱いを受けたのは井上清だ。
 井上清の論文はもともと自ら仮説を立てて、
 それに合わせて都合のいい文献を持ち出し、
 論証していく方法で、左翼の常套手段(p172)


ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢
ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢
posted with Amazonアソシエイト at 17.01.23
宮崎 正弘
並木書房
売り上げランキング: 832,466

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

〈プロローグ〉ウィキリークスの秘密暴露は情報テロか?
第1章 日本をめぐる噂と機密のあいだ
第2章 ウィキリークスが暴露した超弩級の中国機密
第3章 世界は密約と陰謀で動く、日本は友愛と善意で臨む
第4章 日米同盟に亀裂、米中同盟は深化
第5章 ウィキリークスでここまでわかった世界の裏舞台
第6章 なぜ日本は弘報(情報戦略)にこれほど脆弱なのか
〈エピローグ〉情報戦争、これからどうなる?


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: