「中国人を黙らせる50の方法―ああ言われたらこうやり返せ」宮崎 正弘

|

中国人を黙らせる50の方法―ああ言われたらこうやり返せ

【私の評価】★★★☆☆(77点)


●中国についてマスコミから多くの情報が流れていますが、
 現実とかけななれた報道が多いようです。


 これは、中国共産党宣伝部が、
 組織的にマスコミの統制を行っているからです。


 ・瀋陽領事館事件・・・いたいけな幼児を無慈悲に拘束する武装警官の
  現場をビデオに収め世界に配信した共同通信社に対して中国は
  ビザの継続などで散々な嫌がらせをかけた
。(p115)


●そうした情報統制のなかで、この本は、
 中国のマイナス面を教えてくれる一冊です。


 中国には、日本とかけ離れた商習慣、民度の低さ、
 パートナ―の裏切り、共産党からの嫌がらせ・脅迫、
 台湾(米国、日本)との戦争など多くの危険が存在します。


 ・割り箸は2008年北京オリンピックの年から中国製は入ってこなくなる。
  理由は森林資源保護ということだが、ホンネは国内需要が間に合わなく
  なったからだ。いつでも「約束を破る癖」が身についている中国人に
  とっては、もっともらしい理由をつけて契約を破棄することなど
  なんでもないことなのである。(p24)


●それでも、将来、中国共産党が崩壊し、
 民主化される可能性もあり、
 そうなれば中国は未開の巨大市場となるわけです。


 つまり、そうした混乱をも考慮した長期的視野を持った
 中国投資が必要なわけです。


●中国についてのプラスの情報が溢れるなかで、
 現場のマイナス情報を得ることのできる一冊です。


 より現実を知るために読む価値があると考え、
 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・1970年代から80年代にかけて中国は南シナ海を実効支配に及んだ。
  とくに南沙および西沙諸島をめぐってベトナム、マレーシア、ブルネイ、
  フィリピンなどと軍事的に小競り合いもあったが、岩礁に軍事施設を
  電光石火の早業で建設し、「ここは昔から、中国の領土、文句あっか」と
  居座る。(p104)


 ・中国を相手にするには、人質に取られ泥沼に入り込まないよう入念な
  警戒が常に必要である。戦前、日本人が中国で何をされたか?
  上海事件、南京事件、済南事件、そして通州事件から通化事件まで。
  いずれも日本人居住区が襲われ、多くが惨殺され、婦女子は強姦された
  うえ局部に棒を突っ込まれ、内臓が飛び出した遺体も多かった
。(p97)


 ・中国の経済を牛耳る地下人脈を語るとき、出身地別の仕分けが必要である。
  ・・・いまも「上海閥」が政治ばかりか、中国のビジネス中枢を動かしている。
  ・・・胡錦濤は安徽省出身、トウ小平は四川省、毛沢東は湖南省出身。(p133)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■著者紹介・・・宮崎 正弘

 1946年生まれ。学生時代、日学同の機関紙である「日本学生新聞」編集長。
 大学中退後、雑誌『浪漫』企画室長を経て、貿易会社を経営。
 「もうひとつの資源戦争」「日米先端特許戦争」「軍事ロボット戦」
 「中国、次の10年」「中国大分裂」「人民元大暴落」など著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)