本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本の敵 グローバリズムの正体」渡部昇一 馬渕睦夫

(2015年10月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の敵 グローバリズムの正体

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■外務省OBと渡部昇一さんの放談会です。
 話は日本の外交がメインです。


 米国との関係。
 反日の中国、韓国との付き合い方。


 銃弾の飛ばない情報戦が、
 今も行われているのでしょう。


■日本に多く存在する
 朝鮮出身の人の活動に
 警鐘を鳴らしています。


 反日的なマスコミや
 政治活動の裏に
 そうした影響があるのでしょうか。


 渡部さん、馬渕さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ユダヤ系がアメリカの主要な外交政策を決めている・・・具体的にはCFR(外交問題評議会、Council on Foreign Relations)、ニューヨークに本部があり、『フォーリン・アフェアーズ』を発行しているシンクタンクです(馬渕)(p138)


・日本中の川を開発した水力発電所が6%しかない。風力なんて問題になりません。日本は風が安定せず、吹けば台風ですから、風力発電所はしょっちゅう止まる。(p191)


・東日本大震災でコリア系のある実業家が百億寄付すると言いましたが、結局出さずに、自分が作った財団に寄付してその運用益で活動するかといって、実態も よくわからない・・そういうのが韓国人なのですね・・日本人はウソをつかない(p208)


・韓国、中国はまともな国だと思って付き合ってはいけない。価値観がまるで違うから。・・道徳がない国とはできるだけ交流しないことが、日本の国益なのです(p213)


在日外国人がマスコミの要所を押さえるようになった・・例えば朝日新聞の社長だった広岡知男という人物は、祖先がシナ系だと漏らしたことがあります。親中路線で、中国を訪問して話をつけ、例の「中国の旅」連載を始めさせた。執筆者の本多勝一という人は朝日新聞に校閲係研修生として入社した、崔という名字のコリア系と指摘する人がいます(p214)


・ノリミツ・オオニシというニューヨークタイムズの元東京支局長が、後から実は在日だったと言われたことがあります。通名で反日的な記事を書けば、アメリカ人も、日本人が言うのだから本当だろうと思ってしまう(p224)


日本の敵 グローバリズムの正体
日本の敵 グローバリズムの正体
posted with Amazonアソシエイト at 15.11.15
渡部昇一 馬渕睦夫
飛鳥新社
売り上げランキング: 67,314

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第一章 歴史認識問題「安倍首相への提言」
第二章 アメリカとの言論戦の戦い方
第三章 日本を取り戻す「東條=マッカーサー史観」
第四章 アメリカはなぜ共産中国をつくったか
第五章 「ハイ・ファイナンス」が操る戦争と革命
第六章 アメリカの「国体」が変わった
第七章 世界はユダヤの望む方向に動く
第八章 日本が生き残る道
第九章 エネルギー問題が日本の命運を決める
第十章 敗戦利得者との死闘
第十一章 「世界の師表たる」日本人の底力


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: