本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生」馬渕 睦夫、河添 恵子

(2020年7月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(72点)


■この本ではウクライナ大使を経験した
 外務省官僚(馬渕)が世界を動かす
 仕組みを解説する一冊となっています。


 この本ではディープステートという
 言葉が出てきますが、ディープ
 ステートとは影の勢力という意味で、
 アメリカ・イギリスの国際金融資本を
 指しているようです。


 国際金融資本は、世界中でビジネスが
 自由にできるという1つの世界を
 目指しています。「ボーダレス」
 「グローバリズム」「世界統一政府」
 を目指す思想です。


 国際金融資本は資本(金)の力で
 教育界、言論界、学会、マスコミ、
 政界への影響力を駆使しながら、
 グローバリズムを推進しているという。


・デビッド・ロックフェラーは『ロックフェラー回顧録』でこう言っています。「自分は世界の仲間たちと一緒に、1つの世界を創るために働いてきた」と(馬渕)(p87)


■その国際金融資本に挑戦するのが、
 プーチンでありトランプであり、
 中国共産党であるという。


 つまりプーチンはユダヤ系
 新興財閥を抑圧した。


 トランプはグローバル化を否定し、
 アメリカファースト、国家の利益を
 重視し、マスコミをけん制している。


 中国共産党は国際金融資本と
 良い関係を持ちながら発展してきたが、
 国際金融資本に挑戦するようになった。


 結果として中国は、プーチンと組み、
 アメリカと国際金融資本を
 敵に回しているのです。


・「トランプ政権は、国家主権を取り戻すための政権である」2019年3月に緊急来日した、トランプ大統領の元主席戦略官及び上級顧問のスティーブ・バノンさんは、特別講演会で我々聴衆にこう語りかけました・・・アメリカの政治や軍、企業、アカデミックの中に、中国共産党的な思想と方策が人材を含め深く刺さり込んでしまった状況への危機感です(馬渕)(p94)


■話がトンデモ系になりそうになりながら、
 大きい国際政治の流れは合っているように
 感じました。


 国際金融資本は、儲かるうちは
 中国共産党を支援していましたが、
 どうも中国共産党をコントロール
 できなくなってきた。


 これから一波乱ありそうな
 気配なのは間違いないようです。


 馬渕さん、河添さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コミュニズムはユダヤ系左派の思想です。簡潔に言えば「世界を1つにする」という思想で、この「ワンワールド秩序」を目指す思想は、その時々で呼び名が変わります。冷戦終了後は、「グローバリズム」となりました(馬渕)(p17)


・米露の本当の意味での冷戦は、プーチンがユダヤ系新興財閥を抑圧し出してから始まったというのが私の考えです。(馬渕)(p25)


・2017年11月7日にアメリカで策定・・・「共産主義犠牲者の国民的記念日」・・・アメリカの若者たちに、共産主義の恐ろしさを教える記念日を策定したことは、トランプ政権が共産主義を敵としているどころか、潰そうとしていることの布石だと思いました(河添)(p54)


・メディアや言論界への工作は、中国の十八番・・・職員のなかに外国人がいるわけですよ。中国人や韓国人、こういう人たちが番組を作っている。特にニュース番組ですね・・・現状は、政権批判を通り越して反日になっている。これはつまり、いろいろな部署に日本人ではない人たちがいるからなんです(馬渕)(p146)


・人民元をドルに変える中国流マネーロンダリング・・・たとえば東南アジアのどこかの国で港湾を建設することになったら、中国の人民元のお金と中国人民を動かして、中国系企業を作りますよね。結果、その国には巨額の債務が残りますが、中国側は「ドルで返せ」って言うわけです。そうすると、人民元が堂々たる国際通貨のドルに変わります(河添)(p211)


・「民主主義を利用して民主主義を破壊する」という発想は、ボリシェビキを使ったロシア革命以来のやり方なんです。つまり、「平和を唱えることによって戦争にもっていく」・・・左翼はその思想を実践しているわけです。彼らはいつも「憲法9条を守らなければならない」、「平和!」「平和!」って言っているでしょ・・・日本の左翼政党と活動家に平和を唱えさせれば日本は弱くなる、とね(馬渕)(p220)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

馬渕 睦夫、河添 恵子、ワニブックス


【私の評価】★★★☆☆(72点)


[楽天ブックスで購入する]


■目次


序章 100年に1度の地殻変動 揺らぎ始めた「ロシア革命」の秩序
第1章 トランプ大統領の思想的背景と"赤狩り"
第2章 ディープステート「影の国家」を紐解く
第3章 アメリカ左派と中国共産党の蜜月と転機
第4章 リアルに存在するスパイと無防備な日本
第5章 アジアを動かす米英中の野望とロシア
第6章 越えてはならない一線を越えた中国
第7章 5G覇権戦争サイバー空間が米中の主戦場



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: