本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「一目でわかる文章術 文章は「見た目」で決まる」

(2020年7月11日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


内容と感想

■読みやすい文書というのは、
 確かにあります。


 本を読んでいると、
 リズムが良いというのか、
 良い文章は長さがちょうどいい。


 描写であれば、目の前に
 画面が出てくるような
 表現を使っていたりします。


■この本ではそうした文章の
 基本の基本を教えてくれます。


 一番よいのは良い文章を真似る
 ことでしょうが、こうした本を
 読むのも効率的だと思います。


 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・漢字で書かないほうがいい・・・できる(出来る)、する(為る)、していく(して行く)、してくる(して来る)、したくない(したく無い)・・・ごとき(如き)、べきだ(可きだ)、ようだ(様だ)・・・くらい/ぐらい(位)、まで(迄)、ほど(程)、など(等)(p64)


・自分が読めない、あるいは手書きで書けない漢字は使わないようにする・・・尖った・とがった・・拗ねる・すねる・・虞・おそれ・・強ち・あながち(p69)


・過剰な改行を減らし、1文あたりの長さをできるだけそろえることで、視線の動きの幅が安定し、より見やすい文章になります(p86)


・将棋の弱い人は手を指してから考えます・・・文章の下手な人は書きながら考えます(p152)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★☆☆(70点)


目次

第1部 記号を駆使する
第1章 魅せる読点の使い方
第2章 映えるカッコの使い方
第3章 惹きつける記号の使い方
コラム1 記号は使いすぎに注意
第2部 文字を使い分ける
第4章 魅せるフォントの選び方
第5章 映える片仮名の使い方
第6章 惹きつける漢字の使い方
コラム2 コントラストをくっきりと
第3部 レイアウトを操る
第7章 魅せる書式の設定
第8章 映える箇条書きの活用
第9章 惹きつける見出しの選択
コラム3 書きこまない技術を鍛える
第4部 文章構成を整える
第10章 魅せる文の作り方
第11章 映える接続詞の使い方
第12章 惹きつける段落の作り方と全体構成
コラム4 書きながら考える 考えてから書く
第5部 感覚表現を洗練する
第13章 魅せるオノマトペの使い方
第14章 映える身体表現の使い方
第15章 惹きつける比喩の使い方
コラム5 論理ではなく五感に訴えて書く



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , , , , ,



同じカテゴリーの書籍: