無料メルマガ購読

★4国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(88点)■日本在住44年の元米国海兵隊員が、 日本人は世界の現実について 知らなすぎると指摘する一冊です。 まず、 "平和を愛する諸国民の公正と信義" は存在しな...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■アメリカは最強の暴力団だという。 だとすれば、国際社会とは暴力団同士が 縄張り争いをしているようなもの。 元暴力団の金庫番だった著者に 暴力団のような国際...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■テキサス親父とは、 アメリカ人なのに中韓の反日活動を youtubeなどで批判している変人です。 この本は2014年出版なので、 前年に安倍首相が靖国神社...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■著者は1990年から3年間、 大韓民国防衛駐在官として赴任し その任務を記録した一冊です。 1990年にはベルリンの壁が消滅し、 1992年には中国と韓国...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■元陸上自衛隊の情報将校が 海洋進出を進める中国の軍事戦略を 2013年に推定したものです。 面白いのは中国海軍トップが 習近平国家主席に報告するであろう...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■時事通信で韓国特派員だった著者の 韓国人の国民性についての解説です。 韓国は、自衛隊機へのレーダー 照射事件で謝るどころか 自衛隊が悪いと主張。 韓国に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■アメリカの石油メジャー勤務、 オーストラリアの大学院で学んだ著者から 日本という国はどう見えるのでしょうか。 それは一度決めると変えない伝統主義。 合議制...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■中国人が中国人の特性を解説する という一冊です。 日本人は日本の常識の中で生きていますが、 中国人は中国の常識の中で生きているのです。 例えば、著者は...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■東日本大震災で松島基地で水没した F-2戦闘機は、日米の共同開発です。 三菱重工の主任設計者から 開発の経緯を教えてもらいましょう。 もともと日本は独自の...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■リクルート、ユニクロの中国事業に コンサルタントとしてかかわり アドバイザーとして活躍する田中さんの一冊。 日本人と中国人の違いを スジの日本、量の中国と...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

>月別(2002年7月~)