無料メルマガ購読

★4国際関係の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(88点)■リクルート、ユニクロの中国事業に コンサルタントとしてかかわり アドバイザーとして活躍する田中さんの一冊。 日本人と中国人の違いを スジの日本、量の中国と説明しています。 スジとは「こうあるべき」と考える人。 量とは「利益が多いか、少ないか」 「強...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■竹島の歴史について よく知らないことに気づいて 手にした一冊です。 ソウル生まれ、日米中韓の大学で 政治を研究した著者が 竹島の歴史を調査したものです。 記録・資料だけでなく 河野一郎の番記者だった渡部氏、 当時日韓首脳のメッセンジャー金氏 読...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■ドイツ在住30年の川口さんが お隣スイスに日本人が学ぶべきことを 教えてくれる一冊です。 スイスは日本と同じように 地下資源がありません。 あるのは有能な国民だけ。 スイスは付加価値の高い製品を作り、 多国籍企業を所有し、 国防を強化して中立を守...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■トランプ大統領が誕生した2017年に行われた 元外務省官僚の佐藤さんと 中東・イスラム歴史学者の山内さんとの 対談です。 ちょうど北朝鮮の金正恩とトランプが 「アメリカの老いぼれ!」「ロケットマン!」 と罵倒し合っているときです。 オバマからトラン...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■元財務官僚の著者は、 マスコミは物事の本質が分かっていない、 と断言しています。 例えば、マスコミはTPPに 反対の立場を取ることが多いのですが、 TPPは特許や資本の自由化を含む 自由経済圏をつくる仕組みです。 同じ仕組みである日欧EPAについて...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■現代社会の国際関係について ジャーナリスト池上さんと 元外務省職員の佐藤さんの対談です。 3年間の本ですので、 トランプ大統領も予想できないし、 北朝鮮も核兵器の開発を 完了していません。 しかし、テレビを見ているだけでは わからないことがある、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■中国で大学卒業後、来日し 日本国籍を取得した石さんと、 日本人残留孤児2世として来日し、 松下政経塾から産経新聞に入社した 矢板さんの対談です。 二人が伝えたいことは、 中国共産党こそが日本を悪魔として 中国人民を洗脳している、 悪の枢軸というこ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■2005年頃に小泉純一郎首相が 靖国神社を公式参拝したことに対し、 中国で反日デモが盛り上がった頃の 一冊です。 中国人の孔さんに言わせれば、 いっぺんケンカしてみなければ、 相手の力がわからない。 だから中国当局は、 小泉首相の力を試しているの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■駿台予備学校の世界史講師が教える 地政学です。 地政学とは、地理的な環境が 政治的、軍事的な国家の運命に 大きな影響を与えるという仮説です。 国家は隣り合う国家と 政治的、経済的に対立したり、 協調したりして影響し合っています。 例えば、中国の北...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■中国の自治区となったチベットでは、 これまで120万人が中国の抑圧により 死亡したという。 チベットが中国に侵略されたのは、 共産主義の中国に共鳴し、 協力したチベット人がいたこと。 そして、侵略の兆候があったときに 防衛力を強化しなかったことだと...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)