本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ウイグル大虐殺からの生還 再教育収容所地獄の2年間」グルバハール・ハイティワジ

本のソムリエ 2021/12/13メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウイグル大虐殺からの生還 再教育収容所地獄の2年間」グルバハール・ハイティワジ


【私の評価】★★★★☆(83点)


要約と感想レビュー

 元中国の政治局常務委員チャイナ・セブンの一角であった張高麗との不倫関係を告白した後、女子テニス選手彭帥(ペン・シューアイ)と連絡が取れなくなったという事件を知って手にした一冊です。中国では都合の悪い人は、すぐに逮捕されて行方不明になってしまいます。ウイグルでは百万人規模の収容所が建設され、中国の説明では再教育や職業訓練が行われているというのですが、実際にはどうだったのでしょうか。


 著者は、夫がフランスに亡命したことから、娘たちと2006年フランスに移住しました。それから10年後、娘はフランスで結婚。その3ヶ月後、なぜか元の職場から退職の手続きのために帰国してほしいという連絡が来たのです。手続きだけならと懐かしい故郷に帰国したら、すぐに著者は警察に連行されてしまいます。取り調べでは、娘がフランスで中国のウイグル弾圧を抗議するデモに参加している写真を見せられ、「娘はテロリストだな」と取り調べを受けます。その後、著者は7年の再教育の判決を受けてしまうのです。


・おまえたちは犯罪者だ。犯した罪を自白さえすれば、党に許してもらえる。そうしたら解放してやる」と日がな一日、聞かされる(p119)


 2年以上の職業教育訓練センターという名の収容所で、終わりのない尋問と暴力、薬の入った食事により衰弱していく著者はついに敗北します。フランスウイグル協会はテロリストです。新疆ウイグル自治区は中国のおかげで発展しています。中国を批判するのはやめて。ウイグルについてSNSの投稿はすべて削除して。著者は中国当局の言われるがままに、娘をテロリストと証言し、娘の反中国運動をやめるように説得する側になってしまったのです。


 著者は中国当局に従うことで増える自由と暴力を受けないという安心の一方で、友人からスパイや裏切り者と見られることに悩み続けることになるのです。中国当局と同じ主張をする人は、そうせざるをえない理由があるということなのでしょう。


・拘束されたまま自由で胸を張って死んでいくのと、自分の嘘にまみれ、人々のがっかりした視線にさらされて恥を感じながら生きていくのと、どちらがよいのだろう(p184)


 この本を読んでわかることは、外国にいる中国人は諜報機関の指示どおり、動かざるをえないということです。工作活動に協力すればお金をもらえるし、拒否すれば中国にいる家族の身の安全は保障されないとすれば、拒否できる人はいないでしょう。東京オリンピック中止を叫んでいたマスコミにしても、中国の報復が怖いので中国の冬季オリンピックボイコットを主張することはないのです。中国を批判しないかぎり、利益は保障されるのです。


 女子テニス選手彭帥(ペン・シューアイ)は著者と同じ状況にあり、自分と親族の安全も考えれば中国当局の考えるとおりの演技をすることになるのでしょう。極端に言えば、中国人全員が中国共産党に自分と家族の命を人質に取られているようなものですので、仕方がないのでしょう。恐ろしいことです。


 ハイティワジさん、良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・謎の薬によってしだいに記憶が失われ、懸念が生じるほどの無気力状態におちいってしまう。女性たちは月経を失うと同時に時間の感覚も失ってしまう(p158)


・従順な学生が、援助の見返りとして中国のためにスパイ行為をしてしまうのだ・・・もし学生が拒否したらどうなるだろうか?中国の情報機関は、新疆の彼らの家族が監視下にあるという、ゆるぎない事実を突きつけるのだ(p160)


・中国政府を批判したりするのはやめて・・・私と再開したいなら、全部削除するのよ」どうしたら正気を失わずにいられるのだろう?・・・私は自分の家族を恐喝している(p203)


・「泣くんじゃないぞ!もし泣いたら、もう面会は許されないからな!・・・母と妹が来る直前にそう警告した監視員の荒い声を思い出した(p100)


・夜に聞こえてくる女性たちの叫び声やいきなり飛んでくる平手打ち(p102)


・職業教育訓練センターでの生活はとても幸せです。ここでは仕事を学び、じゅうぶんな食事をとらせてもらっているからです。・・・でたらめばかりだ!・・ウイグル人はテロリストなので自己批判しなければならないということだ(p115)


・大規模な公衆衛生プログラムを実行するという名目で、新疆ウイグル自治区当局は何百万人もの住民からDNA、指紋、虹彩、血液の情報の収集を始めていた(p121)


・集団結婚式・・・こうした結婚は収容所に代わるものなのだろうか・・・親族の「罪」をあがなうための交換条件にされているのだろうか・・・ベトナム人花嫁のように、彼女たちも金で買われたのだろうか(p123)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「ウイグル大虐殺からの生還 再教育収容所地獄の2年間」
グルバハール・ハイティワジ , ロゼン・モルガ 、河出書房新社


【私の評価】★★★★☆(83点)



著者紹介

 グルバハール・ハイティワジ( Gulbahar Haitiwaji)・・・1966年、中国の新疆ウイグル自治区グルジャ生まれ。ウルムチ石油大学在学中に知り合った男性と結婚。単身でフランスに政治亡命した夫のあとを追う形で、娘ふたりとともにパリ西郊に移り住むが、2016年に帰国を促す電話により、ウイグルに帰る。その後すぐに留置場、そして再教育収容所に送られる。強要された自白と陳述により2019年に完全に解放された。その間、グルバハールの長女が母親を解放するためにフランス外務省やメディアに働きかけを始めたことから、フランス人ジャーナリストで『ル・フィガロ』紙の特派員として上海に滞在もしていた著者ロゼン・モルガがこの家族を知り、グルバハールの解放が実現すると、長女を通訳として話を聞くことになり、本書が完成した。


 ロゼン・モルガ・・・フランスのジャーナリスト。『フィガロ』誌の上海特派員として、中国に1年半滞在した。本書の序文とエピローグを執筆。


ウイグル問題関係書籍

中国人の少数民族根絶計画」楊海英
中国の移植犯罪 国家による臓器狩り」 デービッド・マタス、トルステン・トレイ
ウイグル人に何が起きているのか 民族迫害の起源と現在」福島 香織
在日ウイグル人が明かす ウイグル・ジェノサイド― 東トルキスタンの真実」ムカイダイス
命がけの証言」清水 ともみ
「ウイグル大虐殺からの生還 再教育収容所地獄の2年間」グルバハール・ハイティワジ
重要証人: ウイグルの強制収容所を逃れて」アレクサンドラ・カヴェーリウス


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: