★3生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(76点) ■落語を通じて  江戸時代の知恵を  学ぼうという一冊です。  落語は時代も違いますので、  サゲ(落ち)で  笑えないこともあります。  本来の落語の面白さは  江戸時代の庶民の笑い話を通じた  生きる知恵を学ぶことなのでしょう。 ・江戸時代...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■ダイアー先生は米国の心理学者。  博士が一貫して伝えることは  自分を否定し、苦しんでいる人も  幸せになれるということ。  自分に起こることは  自分を否定することではなく、  自分を活かすための  メッセージなのです。 ・人生で起こること...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■「パンセ」とは、  ブレーズ・パスカルのメモを  友人たちがまとめた一冊です。  パスカルで有名なのは  「人間は一本の葦にすぎない・・  しかし、それは考える葦である。」  でしょう。  最近ではAI(人口知能)が  研究されていますが、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■人生とは  山あり谷あり。  直線もあれば、  曲がり角もある。  曲がり角をどう曲がるかで  人生は大きく  変わっていくのでしょう。 ・長く続いていたいろいろなものが  終わり始めるのは、自分がワンステップ  上がるための転機を迎えている...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■人生を生きていくうえで、  うまくいくコツを  集めた一冊です。  成果を独り占めしない。  素直に謝る。  休むときは休む。  社会人として生きていくには  こうした当たり前のことが  大事なのでしょう。 ・助けてもらう・・  孤高を貫いて...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■西沢さんが、読書で見つけた  心が温かくなる物語を  集めた一冊です。  50個集めるのは大変ですね。  逆に50個集めると  本になる。 ■自分もやってみたいと  思いました。  西沢さん、  良い本をありがとうございました。 ──────...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■生き方を考える月刊誌「致知」の  社長藤尾さんが伝える  一流・プロの考え方です。  一流とは  一つの道を極めた人。  人生の中で  何か一つ成し遂げた人には  覚悟があります。  山を越え、谷を越え、  あきらめずに道を進むには  終わり...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■習慣化コンサルタント古川さんの  一冊です。  書籍も良いのですが、  これはその内容を実践するための  ワークブックです。 ■習慣を変えるためには、  覚悟と続けるための  仕組みが必要です。  つまり、挫折パターンへの  準備をしておくと...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■日本、世界ソムリエコンクールで  優勝している田崎さんに  良いワイン、良いサービスを  教えてもらえる一冊。  ソムリエとは、ワインについて  アドバイスする人ですから、  食事についての文化についての  深い知識が必要です。  フランスで...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■伊集院さんというと  夏目雅子さんの夫という  イメージだけで手にした一冊です。  この本で初めて  雅子夫人についての  思い出を書いたらしい。  夫人がなくなってからは  しばらく深酒する  毎日だったようです。 ・人はそれぞれ事情をかか...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■イメージトレーニング、  メンタルトレーニングの  先駆者である西田先生の一冊。  先生は、まず、ぼちぼち稼ぐ  人間になろうと言います。  ぼちぼち稼ぐには、  本気になって  勉強すればいい。  成功した人に秘訣を  聞けばいいのです。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■「き・く・あの法則」とは、  「競わないこと」  「比べないこと」  「争わないこと」  です。  勝ち組・お金持ちになりたい、  出世したい  という価値観とは正反対。  「き・く・あ」によって  生きることがラクになり、  楽しく生きるこ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■この本では親が死んだ後、  葬儀から相続の手続きまでの  マンガで流れを解説しています。  特に葬儀については、  宗教や地方によっても  違うところがある。  だからこそ事前に勉強し、  本番も経験豊かな信頼できる人の  助言を求める必要が...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■磯野家にもいずれ整理の時が来ます。  40歳になったカツオくんは、  物を捨てられないお母さん、  相続や介護に向き合わなくてはなりません。  これは誰もがいずれは  考えなくてはならないことでしょう。  不謹慎ですが、万が一のことを考えて ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■中国の宋の時代の廓庵師遠(かくあんしおん)禅師  『十牛図』の現代語訳です。  ここの牛とは、自分の内なるセルフでは  ないでしょうか。  "己を知れ"ということが、  実に難しいということです。 ■人の道というものは、  どこかにあるはずで...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む