人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「Dr.帯津の老いから学ぶ「大逆転」のヒント」帯津 良一

2022/07/10公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Dr.帯津の老いから学ぶ「大逆転」のヒント」帯津 良一


【私の評価】★★★☆☆(71点)


要約と感想レビュー

 老いからの「大逆転」のヒントとは、人生後半こそ、やりたいことができるチャンスということです。今を精いっぱい大切に生きるのです。「いつでも死ねる」。その覚悟があれば、感動できることに挑戦できるのです。


 著者の場合は、講演と執筆で日銭を稼ぐことを決めています。仕事があるから、健康にも気をつけるようになり、やる気が出るという。


 そして、散歩中に道端で小さな花を見つけたら、それに感動できる余裕を持つことです。悩んだり迷ったりせずに、流れに身を任せて自然体で、楽しめるのかということです。


 確かに年をとったから何でもできるのだと思いました。帯津 さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・足腰は鍛えておいてください・・・足腰が弱ると、生きる楽しみのかなりの部分が失われてしまいます(p26)


・明日死ぬとわかってもやるのが養生(p127)


・斜め読み・・・気になったところに線を引きます。そして、ひととおり目を通したら、赤線を引いた部分だけを再度読むと、だいたいその本の大切なところはわかります(p127)


▼引用は、この本からです
「Dr.帯津の老いから学ぶ「大逆転」のヒント」帯津 良一


【私の評価】★★★☆☆(71点)


目次

第1章 「衰え」からの大逆転
第2章 「孤独」からの大逆転
第3章 「不安」からの大逆転
第4章 「無力感」からの大逆転
第5章 「虚しさ」からの大逆転
第6章 「みじめさ」からの大逆転
第7章 逆転サヨナラ満塁ホームラン



著者紹介

 帯津 良一(おびつ りょういち)・・・1961年 東京大学医学部卒業。 東京大学第三外科助手、都立駒込病院外科医長を経て、1982年帯津三敬病院開設。 現在は名誉院長。西洋医学に、中医学やホメオパシーなどの代替療法を取り入れ、ホリスティック医学の確立を目指している。主にガン患者さんを中心に治療にあたり、講演や講義も多く行っている。


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: