★5人間・心理学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(90点) ■上司とソリが合わない・・  威圧的な上司に困っている・・  という人のための一冊です。  難しいかもしれませんが、  今の状況を冷静に  分析してみましょう。  恐い上司は、成果を出すために  一生懸命になっている  だけかもしれない。  言...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■この本は、ジャイアンや  トランプ大統領のような上司に  いつも批判されて困っている!  という人のための一冊です。  どこにでも批判の好きな人は  いるもの。  そんな上司が近くにいると  ついオドオドしてしまうということが  ありませんか...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■最近、NLPを  集中的に勉強しています。  NLPとは、  Neuro Linguistic Programming  (神経言語プログラミング)  つまり人を自分の望む方向に  プログラムするといういことです。 ・プログラムは、  1「イ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■コールドリーディングとは、  事前調査なしで、  相手のことを知っているかのように  見せる技術です。  つまり、  占い師や、詐欺師が使っている技術。  例えば、ハズれても  言い訳できることを言う。  だれにでも  当てはまることを言う。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■NLPとは、  課題解決や目標達成に役立つ  実践心理学です。  心理学というとテクニックと  思いがちですが、  実際には「気配り、心配り」と  似ています。  人の心にフォーカスして  効果的に人間関係を  構築するのです。 ・コミュニケ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■NLPとは  3人の天才セラピストの手法を  プログラム化したものです。  この本では、  そのNLPの13の手法を  経験者の体験談とともに  教えてもらいます。  私もよくやっている手法は、  未来の自分に助言をもらう  「タイムライン」...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■もしあなたが、実家のスーパーマーケットの  社長になったら・・・。  この本では、キャリアOLの杏里が、  急に実家スーパーの社長になり、  従業員との人間関係に悩みながら  成長していきます。  経営の知識があることと、  人間関係を作れる...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■リーダーにとって叱るとは、  自分の仕事の流儀を  部下に教えることです。  たとえば、部下が指示どおり  仕事をしていなければ、  叱ればいい。  これはわかりやすい。  では、ベテラン部下が  仕事のできない別の部下を非難していたら、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■交渉とは、言葉の戦いです。  相手を褒める、感謝し、脅し、叱る。  相手を殴らずに、  相手をコントロールすることが  最終目的です。  尊敬されないまでも、  最低限ナメられないようにしないと、  交渉はできません。 ・もし不愉快な言動をと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■仕事をバリバリやって、  成果を出してきた著者は、  左遷されました。  それは、となりの部署の仕事を  一生懸命やったからです。  会社としては正しくても、  上司は評価してくれませんでした。 ・私が他部署の仕事を手伝ったときに犯した過ちは...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■従順な東北人としては衝撃の一冊でした。  従順とは、不安があるから  相手に迎合すること。  相手に反発しながらも、  不安から自分を守るために  相手の言うことに従っている。  例えば、厳しい上司に  たいへんな仕事を命令され、  「はい」...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■自分の心の中の状況を  言い当てられたような気持になった一冊です。  例としておかしいかもしれませんが、  私は仕事を何でも「ハイ」と言って  やってきたタイプ。  良く見れば素直ですが、  悪く見れば自主性がない。  ただ、それでうまくいっ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■世の中にはいろいろな人がいますので、  人間関係もいろいろあると思います。  この本では、世の中で出会うであろう  自分をイヤな気持にさせる人への  対応法を学びます。  私もいろいろ考えてきましたが、  著者のほうが一枚上手でした。 ・「迎...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■この本では、  自殺寸前でセラピーに参加し、  自殺を思いとどまり、  心理カウンセラーとして活躍するまでの  著者の道のりを教えてもらえます。  そして、  著者はカウンセリングによって  「もう死にたい」という人を  どうやって助けるのか...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■「自分さがし」とは、  自分の記憶をたどる旅です。  過去には良い思い出も、  悪い思い出もあるでしょう。  絶対許せない!  という経験があるかもしれません。  でも、物事には良い面と  悪い面があるんだよ。  悪いと思っていた思い出に、 ...
続きを読む
1 2 3 4
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む