本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ」吉田 幸弘

(2018年7月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ


【私の評価】★★★★★(90点)


■「雑談セミナー」で
 著者が説明している内容を
 説明してくれる一冊です。


 面白いのは、著者が
 勘違いコミュニケーションで
 二度も左遷されてしまったという
 辛い過去を持っているということ。


 相手の話を聞かず、
 自分のネタばかり話して
 いたというのです。


 雑談が苦手な著者だからこそ
 雑談が苦手な人に寄り添って
 説明することができるわけです。


・まずは相手の言ったことを受け止めることです・・(p186)


■目からウロコだったのが、
 雑談上手な人は
 プレゼンターではなく
 インタビュアーだということ。


 自分のことだけ話すのではなく、
 相手から引き出すのが
 インタビューアー。


 ちょっと自己開示して
 相手の話を聞き出すのです。


 タモリや黒柳徹子の話し方を
 聞いているとわかりますね。


・自分からあまり話さないほうがいい・・・本当に雑談が上手な人はインタビュアーなのです(p20)


■「雑談セミナー」を受けるより
 この本を読んで実行すれば
 良いのだな、と思いました。


 ただ、その実行の一歩を
 踏み出すのが難しいのですが。


 吉田さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・3つくらい最初の声かけのパターンを用意しておけばいいのです・・・社内の同僚、上司、部下に声かけするときも、最初のひとことを決めてルーティンワークにしてしまえばいいのです(p25)


・女性は共感を求めるために愚痴を言うといわれます・・・男性も、共感してほしいという気持ちを持っている人は少なくありません(p164)


・人は「自分の言ったことを覚えてくれている」相手にも好感を持ちます。ここでおススメなのは「次のお休みの予定」です・・・お休みの話題は盛り上がる鉄板です(p116)


・雑談上手な人はわざと相手に教えを請うのです・・実行して、教えていただいたことにお礼を述べる(p115)


・目覚まし時計を4つセットしているよ・・・こちらがちょっとした失敗談を自己開示すると、相手も好感を持ってくれます(p146)


・知らない話題が出てきたら・・・能楽の知識がなくたって大丈夫だよ・・・能楽のことを話題にするんじゃなくてな。能楽を観に行ったBさんのことを話題にすればいんだよ(p151)


・会話形式の場合は、文節は2つまで区切って相手に主導権を返すようにしてください(p59)


・雑談は部下の状態を知ることもできる武器です・・・部下の趣味は把握しておいたほうがいいのです(p203)


・訪問先には20分前に着くようにする・・・現地に着いたら、近所の様子を見ておきます・・最初のひとことを準備しておく(p24)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ
吉田 幸弘
さくら舎 (2018-07-05)
売り上げランキング: 35,912


【私の評価】★★★★★(90点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 雑談上手は気配り上手
第2章 初対面の相手でも心をつかむ雑談のコツ
第3章 ひとことで、グッと親しくなれる雑談術
第4章 相手を肯定する聞き方・話し方
第5章 今すぐできる! とっておきの雑談術



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: