「部下に9割任せる!」吉田幸弘

| コメント(0) |

部下に9割任せる!

【私の評価】★★★★★(91点)


■上司向けコーチの吉田さんが教える
 部下の仕事を奪ってしまう
 ダメ上司にならないための方法です。


 優秀なリーダーでありがちなのが、
 部下を思い通りに動かそうとして
 成果を出そうとすること。


 ところが、部下は
 思いどおりに動いてくれないので、
 イライラする。注意も増える。


 自分がカバーしないと
 仕事の質が下がってしまうので、
 部下の仕事に手を出してしまう。


 吉田さんもそうした
 残念で優秀・一生懸命な
 上司だったというのです。


・自分の思い通りに動かない部下に
 言うことを聞かせようとして、
 パワーハラスメントのような
 コミュニケーションをとって、
 部下たちに総スカンをくらい、
 降格人事になったこともあります(p4)


■本当の優秀な上司とは、
 部下の能力を引き出す上司です。


 上司が口を出しすぎると、
 部下が上司に頼りきって
 部下が育たない。


 部下が仕事を「自分ごと」と考えないので、
 自発的に行動しない。


 部下が言われたことしかしないのでは、
 成果は望めないのです。


・部下と一緒に相談しながらビジョンを作る・・
 そうすることで、ビジョンが部下にとっての
 「自分ごと」になります(p38)


■そこで、部下に仕事を「自分ごと」と
 感じてもらうためには、
 はやりコミュニケーションだという。


 一緒にチームのビジョンを考える。
 一緒にお客様へのアプローチを考える。
 一緒に提案書を作る。


 部下が仕事を自分ごととして動き、
 成果を出していくことで
 上司が評価されるのです。


 部下に「自分ごと」として動いてもらうこと。
 組織で働くビジネスパーソンにとって
 最も間違いやすく、
 最も重要なことだと思いました。


 吉田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・若手メンバーが進行役をすることで・・
 会議が「自分ごと」になる・・・
 承認欲求が満たされる・・・
 ファシリテーションスキルを身につける(p66)


・部下とコミュニケーションをとる際は、
 人によって量に差が出ないように
 注意する(p105)


・批判力が高くて貢献力が低い[反逆者]・・
 年上の部下・・このタイプの人は、
 しばしばリーダーの揚げ足を取ります・・・
 批判することが目的化しているため、
 仕事にあまり貢献してくれません・・・
 弁の立つ人が多いので、周りを巻き込んで、
 リーダーにとっては厄介な敵(p90)


・リーダーは夜遅くまで残業をしてはいけない・・・
 退社しずらくなります・・・
 判断力やパフォーマンスが
 落ちてしまいます(p69)


・部下を主役にしてリーダーは
 補佐役に回るのです(p24)


・その場にいない人の悪口を言うと、
 悪口が本人に伝わるだけでなく、
 悪口を話した相手の心にも
 非常に悪い印象が残ります(p116)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


部下に9割任せる!
部下に9割任せる!
posted with amazlet at 19.05.19
吉田幸弘
フォレスト出版 (2019-03-20)
売り上げランキング: 15,484

【私の評価】★★★★★(91点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 これからは「9割任せる!」リーダーの時代
第2章 リーダーの「型」を身につける
第3章 「尊敬」よりも「信頼」ファースト
第4章 任せ上手なリーダーは部下を育てる
第5章 リーダーのための"自分を育てる"仕事術



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)