本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「1分で相手の「心」を開かせるメンタルトーク」信長

本のソムリエ 2020/05/21メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(92点)


要約と感想レビュー

 引っ込み思案で、人付き合いが苦手なデブが、ホストになって、10年以上ナンバーワンとして活躍。そんなことがあるのでしょうか?あるんです。


 著者は、引きこもり生活から華やかなホストの生活に憧れ、ホストになります。もちろんホストの世界は100キロ近いデブが指名されるほど、甘い世界ではありません。著者は4カ月指名なしの中で試行錯誤を繰り返し、技術や考え方を改善していったのです。


・「信長くん、話が長い」と言われれば、余日の昼間に「話し方」の本を読み漁り、夜にはお店で実践しました(p10)


 この本のすごいところは、「失敗談は相手との絆を強める」と説明しながら、実際に著者の失敗談がいっぱい出てくるところでしょう。ホストの面接に行くまで1年半かかった。飲みすぎで大を漏らしてしまった。ナンバーワンになるため無理に営業したらお客さまが去っていった・・・。


 これだけ自分をさらけ出せる秘訣は、「人はどうせ死ぬんだ」と割り切ること。また、バカをやるときは、バカを演じる自分を見つめる別の自分がいるという。考え方が違うのですね。


・「自分」を俯瞰して見る「もうひとりの自分」という視点を持つと、あらゆる批判や助言を前向きにとらえることができるようになります・・・「バカを演じる信長」と「それを俯瞰して見るもうひとりの信長」(p50)


 諦めずに「学び」と「実践」を繰り返すことでここまで行くんだ!と感嘆しました。本を読んでも知識を使わなければ、自分に役立つ知識なのかどうかわからないのです。実践する者だけが知る、バカになって実践する力が伝わってきました。


 信長さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・私がホスト時代に使っていた手法は、「相手が話題にしたものを、その場で買う」・・・お手頃だったのがシャンプーです・・・お客さまに「シャンプーは何を使っているの?」と聞き出し・・・翌日、そのお客さまに「シャンプーが届いたよ」と写真を送り、実際に使った後は、その感想をまたLINEで送るのです(p64)


・遊び慣れていないお客さまに「返金保証」をしていました。「つまらなかったらお金は返す。だからまた遊びにきてよ」(p141)


・ホストも、テレビショッピングとよく似た「売り方」をしています・・・このシャンパンを入れてくれたら・・・ディズニーランドに行こうか・・楽しい未来をお客さまにイメージさせます(p94)


・初対面ではとにかく、相手との間合いを詰めます・・・しかし2回目以降に会うときには、初対面とは一転して、距離を置きます・・・ぐっと近づいて、サッと離れる・・・距離感を支配すれば、こちらのペースで相手を動かせます(p149)


・返報性の法則・・・私は試しに2万~3万円ほどのキーケースを10人に配ってみました・・総額300万円ほどの売上になって返ってきました(p111)


・「無理に相手を好きになることもない。無理に相手に興味を持つこともない。自分が興味が湧く話だけを聞こう」すると、気持ちがぐっと楽になりました(p72)


・盛り上がりたくて来ているのか・・・慰めがほしくて来ているのか・・大切なのは「話す」ことそのものより、「相手が何を話してほしいか」を見極めることなのです(p77)


・「このお客さまと5年後も変わらず付き合っていくためには、どのような接し方をすればいいのだろう」と考えるようにしました(p84)


・「楽」なお客さまは「簡単」に離れる・・・攻めるべきは「楽なお客さま」ではなく、断然、「難しいお客さま」。一度味方になってもらえば、簡単に敵に寝返ることはありません(p117)


・「人間なんて、どうせいつかは死ぬ。死んだら恥ずかしさなんて感じなくなる。だから今のうちに、精一杯恥をかこう」(p37)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

信長、KADOKAWA


【私の評価】★★★★★(92点)


目次

第1章 あなたの中にある「メンタルブロック」を外す
第2章 「メンタルトーク」で人生は思い通りになる
第3章 メンタルトークで「仕事」が変わる
第4章 メンタルトークで「恋愛」が変わる
第5章 メンタルトークで「日常」が変わる



著者紹介

 信長(のぶなが)・・・早稲田大学教育学部卒業。学生時代から塾の講師を経て、ホストの道に入る。入店4ヵ月目でナンバーワン達成。その後、歌舞伎町の『club Romance』 に移籍。現在、指名は月間約70本、年間で約850本。年収は3000万円を超える。通算26回「ナンバーワン・ホスト」となる。2011年には 『club Mister romance』 の代表取締役に就任。2014年より『club Romance』の代表取締役。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 



<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: