本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「一瞬で人が育つ人気サロンで使っている魔法のことば」小野浩二

(2020年5月22日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(75点)


■エステ全国大会で優勝した著者が、
 エステサロンを人気店に変える
 コミュニケーション術を教えてくれます。


 お店をよくするためには
 スタッフと信頼関係を作り、
 スタッフのやる気を引き出し、
 スタッフに成長してもらう
 必要があります。


 そのためにはスタッフと
 良いコミュニケーションを
 取らなくてはなりません。


 つまり、スタッフの話を聞き、
 スタッフの良いところを見つけ
 認めてあげて、成功体験を
 積ませてあげるのです。


・信頼関係を築く秘訣は、「スタッフの良いところを見つける」こと・・・スタッフにはいいとこがないんですよ。なんていうリーダーがたまにいますが、絶対にそんなことはありません(p49)


■実は、著者が初めて
 エステサロンの店長になったとき、
 大失敗をしたという。


 店長になったという慢心から、
 出社は定刻ギリギリに滑り込み、
 開店の準備も手伝わず、
 休暇も好き勝手に取る。


 スタッフのやる気は下がり、
 そのお店の売上は目に見えて
 下がっていったという。


 店長がいいかげんでも
 売り上げを上げていくのが
 理想のスタッフと思いますが、
 そうした人は、とっとと
 店長になっているはず。
 当然の結末だったのです。


・わたしが店長になったときに冒した勘違い・・・出社は一番最後・・掃除や朝の準備はスタッフにお任せ・・休みはスタッフの予定とは関係なく、自分の好きな日にちをとっていました・・突然、売り上げを上げなくなってしまったのです・・・自分のやりたいように仕事をすることで、スタッフからの信頼が一気になくなったのです(p46)


■こうした反省から著者は、
 お店のスタッフとの対話を
 月2回お勧めしています。


 さらに、
 スタッフに感謝すること、
 スタッフの良いところを見つけること、
 スタッフに声をかけること。


 特に小さい組織では
 スタッフとの信頼関係が
 重要なのだと再認識しました。


 小野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・定期的に面談をすることを勧めています。しかも月に2回行うことをお勧めしています(p192)


・あるとき、大学で、学生にアルバイトの話を聞きました。学生の口から出てくるのは・・「うちの店長は話を聞いてくれない」「店長に相談しても意味がない」という言葉です(p3)


・「お前はやれる」「お前はできるやつだよ」というように応援していると、スタッフは最初は無理だと思っていても、だんだん「できるかも」とか「できそう」という思考に変わってきます(p65)


・まずは、リーダー自身が仕事を楽しんでいるか?リーダーがやりがいを持って仕事に取り組んでいるのか?そして、リーダーが夢を持って仕事をしているのか?(p52)


・スタッフの意見を集めることがチームを活性化させる(p74)


・リーダーが直接いったほうが、すんなりやってくれるのか、それとも、リーダーの右腕となってくれている人が話したほうが納得するのかを考える必要があります(p91)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

小野浩二、ぱる出版


【私の評価】★★★☆☆(75点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 リーダーって何をするの?
第2章 小さなチームのリーダーの心構え
第3章 スタッフの目標を達成させるちょっとした仕掛け
第4章 部下の本音を引き出すリーダーのカウンセリング入門
第5章 スタッフがやる気を出す最強の面談術"実践編"
第6章 現場で部下が育つリーダーのコミュニケーション術


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: