「運命を変える言葉」五日市 剛,今野 華都子

| コメント(0) |

運命を変える言葉

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■仙台でエステティックサロンを経営されている
 今野 華都子さんのお話です。


 小さいお店から仕事を大きくされたようで、
 我慢強く人を育てているのが印象的。


 単なる技術だけではなく、
 お客さまにリラックスしていただく
 接客の心を教えているのですね。


・損得という判断基準ではなく、これをやったら
 両親やお客様、先生はよろこんでくれるだろうか
 という良心を基準に
してちょうだい。
 相手に喜んでもらおうと思ってやったことなら、
 たとえ何が起きても私はあなたをかばいます(p57)


■人を見て、厳しく教える人には厳しく、
 優しく導いてあげる人には優しく、
 時間をかけて教育していることがわかります。


 これは言うことは簡単ですが、
 実際に仕事をしながらしていくのは
 大変なことだと思います。


 なぜなら、手間のかかる人はクビにして、
 優秀な人を雇ったほうが、簡単だから。


・あの子はこれまでいたサロンで散々怒られていたために、
 いつもビクビクしている。だから何があっても絶対に
 怒らないでね。(p63)


■一緒に働くことになったのも
 何かの縁。


 粘り強く、人の良いところを
 引き出して、悪いところを目立たなくする。


 脅威の今野さんのねばりを感じました。


 今野さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・平均的なことって実は素晴らしいことなんだよ。
 優しいとか負けん気が強いとか、そういうことも能力なんだよ。
 その能力を磨いて高めて、それを世の中に還元して
 喜んでいただくこと。これが究極の幸せではないか

 私はそう思って生きているの・・(p84)


・小さい頃から人間はいつ死ぬか分からない、
 その間に自分や縁のあった人々を精一杯生かさないと
 いけない
ということが腑に落ちているからだと思います(p91)


・運命を変えるには大きな努力なんて必要ないんです。
 必要なのは、日常の小さな習慣を積み重ねていくこと
 だけなんですね(p110)


・この市井に生まれたのは、
 「経済活動をしながら自分を確立していきなさい
 ということではないかと思うんですね(p86)


・私は両親からも祖父からも絶対的な愛を受けて
 育ったんですけれども、いま思うと、そのことが
 「自分が得たものは誰かに返さないといけない」
 という気持ちにつながったのだと思います(p34)


運命を変える言葉
運命を変える言葉
posted with amazlet at 13.12.26
五日市 剛 今野 華都子
致知出版社
売り上げランキング: 134,944

【私の評価】★★★☆☆(75点)

■目次

第1章 「いただきもの」を返す生き方
第2章 「見えないもの」に価値がある
第3章 運命を変える小さな習慣


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)