★5生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(90点) ■5年間、毎日メールマガジン  「3秒でHappy?名言セラピー」を  書いたひすいさんの一冊です。  5年間の1800の名言ネタから  10冊の本ができたという。  ひすいさんの名言は、  どんな状況になっても  Happyになれる名言です。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■自分に自信がない、  という人は多いと思います。  その一方で、  自信ありげに生活している人も  また存在します。  この本では、自分に自信のない人が、  どう生きていけばいいのか。  いかにパンツを脱ぐのか、  ということを考えていきます...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■幸せになるための方法を  一人さんが教えてくれる一冊です。  人を喜ばせるとすると、  なぜか幸せになるという。  人と人との関わりから、  人生は豊かになるのです。 ・人間って、おもしろいもんでね。  相手が喜んだとき、自分もうれしくなっち...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■人生とはたった一回の旅路です。  その人生において人はいろいろな  事象に出会います。  同じウンコを踏みながら、  ある人は笑顔で生き、  ある人は怒りながら生きていきます。  その差はどこにあるのでしょうか。 ・自分は運があると思えばいい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■一人さんに言わせると、  世の中にはしくみがあるという。  しくみがわかれば、  うまくいく。  うまくいかないのは、  しくみを理解していないからです。 ・私が「困ったことは起きないよ」って言うけど、  その困ったことっていうのは、神様が ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■盲目のピアニスト辻井伸行さんの  テレビ番組を見ながら読んだ一冊です。  人には長所と短所があって、  長所を生かせば幸せになれる。  他人と比較する必要はないのです。 ・私たちが短所と呼んでいるものは、  間違って使われた長所に過ぎないので...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■やる気のない営業課長の  父親が亡くなりました。  父親の遺言状には、  "「書斎」の鍵はある人に預けてある"  という不思議なメッセージが  残されていたのです。  なぜなら、その営業課長は、   本が嫌いだったからです。 ・一冊の本と出会...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■人は、人との出会いや  "きっかけ"を通じて、  人生をまじめに  考え始めることがあります。  この本では、そうした  "きっかけ"になるであろう物語を  中山さんが集めた一冊です。  それは、夢を実現した人であり、  夢半ばで亡くなった方...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■自分のご先祖さまを知り、  家系を分析することで、  人生が好転する!という一冊。  ご先祖さまは、  どうした苦労をしてきたのか。  ご先祖さまは、  そうした使命を持って  生きていたのか。  その性格、体質、考え方を  受け継いでいるの...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■30代で株式投資に失敗し、  多額の借金を抱える。  営業で頑張って  ダントツの成績で調子に乗っていたら  40歳で左遷され、うつ病になる。  著者は40歳でドン底にいました。  では、どうやってそこから  上場企業の社長にまで  なること...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■その少年は、  いじめられ、萎縮していた。  そして、少年が  小学五年生のとき、  ある先生と出会ったのです。    その先生は、  生まれて初めて  少年の作品を褒めてくれた。  「僕は僕のままでいい」  と言ってくれた。  そしてその少...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■私が本を読み始めるきっかけとなった  あの「7つの習慣」のまんが版です。  なにせ「まんが+ストーリー」ですから、  「7つの習慣」のわかりにくい理論が、  すーっと心に入ってきます。  まずは、主体性を持つことですね。 ・主体的でない人は仕...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■みっちゃん先生は、  斎藤一人さんの商品を売る億万長者です。  ただ、順調に幸せに  成功したわけではありません。  自分を否定し、  うつ病のようになって  やせ細ってしまったこともある。  そうしたときに、  支えてくれたのが、  一人さ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■日本人からユダヤ人となった著者が教える  ユダヤの成功哲学です。  私は宗教とはある種の  成功哲学であると思っていましたが、  ユダヤ教こそ人生の成功法を伝える宗教です。  そして週一回、安息日として  その成功哲学を学ぶ時間を持つ。  こ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■プライドが高いのに、  営業成績はビリ。  話がヘタで、ろくにセールスが  できない。  そのうえ、  上司に叱られては反抗する。  同僚から「社会のゴミ」と言われるのも  当然でしょう。  著者はその会社を退職します。 ・何かしらの障害や不...
続きを読む
1 2 3 4 5

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む