★5生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(91点) ■アナウンサーを辞めて、  プチリタイヤの情報商材を売り、  現在は1分間勉強法など1分間シリーズで  ベストセラー作家となっている  石井さんの一冊です。  アナウンサーを辞めて  情報起業家を目指したのは、  理由がありました。  それはアナウンサーとは  だれでも代替可能な職業であり、  時間でお金に換える仕事は  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■5年間、毎日メールマガジン  「3秒でHappy?名言セラピー」を  書いたひすいさんの一冊です。  5年間の1800の名言ネタから  10冊の本ができたという。  ひすいさんの名言は、  どんな状況になっても  Happyになれる名言です。 ・「本当に困ったことになった・・」・・  いまの場所に別れを告げ、  新しい場...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■自分に自信がない、  という人は多いと思います。  その一方で、  自信ありげに生活している人も  また存在します。  この本では、自分に自信のない人が、  どう生きていけばいいのか。  いかにパンツを脱ぐのか、  ということを考えていきます。 ・自信がない人というのは、  「欠けているところを埋めようと   すればする...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■幸せになるための方法を  一人さんが教えてくれる一冊です。  人を喜ばせるとすると、  なぜか幸せになるという。  人と人との関わりから、  人生は豊かになるのです。 ・人間って、おもしろいもんでね。  相手が喜んだとき、自分もうれしくなっちゃう・・  女性に「いつも、キレイだね~」って、  いってあげてもいいし。  外...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■人生とはたった一回の旅路です。  その人生において人はいろいろな  事象に出会います。  同じウンコを踏みながら、  ある人は笑顔で生き、  ある人は怒りながら生きていきます。  その差はどこにあるのでしょうか。 ・自分は運があると思えばいいだけなんです・・  犬のウンコを踏んでも感動できたのは、  「自分は運がいい」と...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■一人さんに言わせると、  世の中にはしくみがあるという。  しくみがわかれば、  うまくいく。  うまくいかないのは、  しくみを理解していないからです。 ・私が「困ったことは起きないよ」って言うけど、  その困ったことっていうのは、神様が  「それは間違ってるよ」って言ってるの・・(p71) ■うまくいかなければ、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■盲目のピアニスト辻井伸行さんの  テレビ番組を見ながら読んだ一冊です。  人には長所と短所があって、  長所を生かせば幸せになれる。  他人と比較する必要はないのです。 ・私たちが短所と呼んでいるものは、  間違って使われた長所に過ぎないのです(p1) ■しかし、  人は周囲から影響を  受けて成長します。  周囲のこと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■やる気のない営業課長の  父親が亡くなりました。  父親の遺言状には、  "「書斎」の鍵はある人に預けてある"  という不思議なメッセージが  残されていたのです。  なぜなら、その営業課長は、   本が嫌いだったからです。 ・一冊の本と出会うことで、  心が楽になることがあります。  一冊の本と出会うことで、  前に進...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■人は、人との出会いや  "きっかけ"を通じて、  人生をまじめに  考え始めることがあります。  この本では、そうした  "きっかけ"になるであろう物語を  中山さんが集めた一冊です。  それは、夢を実現した人であり、  夢半ばで亡くなった方であり、  夢に向かって歩んでいる人の  物語なのです。 ・人生の「本当の楽しみ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■自分のご先祖さまを知り、  家系を分析することで、  人生が好転する!という一冊。  ご先祖さまは、  どうした苦労をしてきたのか。  ご先祖さまは、  そうした使命を持って  生きていたのか。  その性格、体質、考え方を  受け継いでいるのが、  自分なのです。 ・家系分析で一番大事なことは、  祖先の徳を讃え、感謝し...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■30代で株式投資に失敗し、  多額の借金を抱える。  営業で頑張って  ダントツの成績で調子に乗っていたら  40歳で左遷され、うつ病になる。  著者は40歳でドン底にいました。  では、どうやってそこから  上場企業の社長にまで  なることができたのでしょうか。 ・自分が評価されなかった理由を知り、  すべての責任が自...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■その少年は、  いじめられ、萎縮していた。  そして、少年が  小学五年生のとき、  ある先生と出会ったのです。    その先生は、  生まれて初めて  少年の作品を褒めてくれた。  「僕は僕のままでいい」  と言ってくれた。  そしてその少年は、  好きな将棋に打ち込み、  プロ棋士を目指しました。 ・自分には将棋しか...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■私が本を読み始めるきっかけとなった  あの「7つの習慣」のまんが版です。  なにせ「まんが+ストーリー」ですから、  「7つの習慣」のわかりにくい理論が、  すーっと心に入ってきます。  まずは、主体性を持つことですね。 ・主体的でない人は仕事のミスも、  異性にフラれるのも、  何でも他人のせいにする(p44) ■この...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■みっちゃん先生は、  斎藤一人さんの商品を売る億万長者です。  ただ、順調に幸せに  成功したわけではありません。  自分を否定し、  うつ病のようになって  やせ細ってしまったこともある。  そうしたときに、  支えてくれたのが、  一人さんなのです。 ・たった一人ですごい修行してきたな・・・  もう一人で闘わなくてい...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■日本人からユダヤ人となった著者が教える  ユダヤの成功哲学です。  私は宗教とはある種の  成功哲学であると思っていましたが、  ユダヤ教こそ人生の成功法を伝える宗教です。  そして週一回、安息日として  その成功哲学を学ぶ時間を持つ。  この本では、ユダヤの口伝律法と  ヘブライ学者の議論をまとめた  「タルムード」か...
続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)