本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「メモの魔力」前田 裕二

本のソムリエ 2021/04/28メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「メモの魔力」前田 裕二


【私の評価】★★★★★(91点)


要約と感想レビュー

 誰でもメモの重要性は理解していると思いますが、ここまでメモを掘り下げた本はないでしょう。


 通常メモは忘れないため、大切なことを記録するためにメモを取ります。著者も同じようにメモを取りますが、そこから一歩、ニ歩、思考を深めるのが、メモの魔力です。つまり単なる事実から何が学べるのか引き出すためにメモを活用して思考するのです。


・「過去のファクトを思い出す」という余計なことに思考の時間を割かないために、メモをするわけです(p23)


 著者の手帳のメモはファクト→抽象化→転用(で、どう活用するの?)で構成されています。見開き2ページの左側には誰でもやっているように事実を時間列やテーマ別にメモします。そして著者は右側で「この本質は?」「類似するものは?」といった抽象化という作業を行います。抽象化できたら、では自分はこの事象をどう活用するの?という転用先を考えるのです。一人ブレーンストーミングだ!


・「ファクト」を抽象化する。「本質は何だっけ?」「他のものとの共通点はないかな?」といったことを考えて、どんどんレイヤーを上げていく・・・「じゃあ、どうするの?」と、自分の現実にその価値観を落とし込んでみる作業が重要です(p141)


 なぜ著者が狂ったようにメモをするのか、といえば、小学校のときにメモをノートにたくさん書いていたら、先生や兄から褒められたという原体験があるのだという。メモする→注目される→褒められる→楽しくなるということです。だから著者はメモする人を支援したいという。


 メモで世界を知り、自分を知り、メモによって夢や熱が生まれ、メモが人生を作るという。私は10年日記を始めました。前田さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・映画や演劇などを観ていても、気づいたことを相当な分量メモします。おそらく、一つの作品につき、多いときで100個以上、少なくとも数十個のポイントはメモしている・・・(p4)


・「あの看板ってなぜあんなデザインなのかな?」「この広告のコピーはなぜこうしたんだろう?」・・よく立ち止まってはメモしています(p5)


・僕自身、本当に心からやりたいことを見つけるのに、30数冊もノートを書いたからです。2ページにつき1問、平均60ページの大学ノートなら、一冊30問、30冊で900問になります(p13)


・果たして、何がすごくて、やばいのか。ここを一歩二歩、踏み込んで考えるのが本質的なメモのあり方です(p35)


・本やテレビ、映画や舞台を観ているときなど、情報やコンテンツに触れる際に、メモをとり、抽象化する癖をつけてみてください。1を聞いて10を知る、と言いますが、10倍ではきかないくらいに、得られる情報量が圧倒的に増えます(p89)


・辛抱強い・・・ここで一歩踏み込んで、どんな辛抱強さがあるか、具体化します。そして、それらに対して今度は「なぜ?」を向けて、そのインサイトを深堀りし、抽象化してみるのです(p129)


・堀江貴文さんが、スマホ内のメモアプリに・・・驚くほど膨大な量のビジネスアイデアが箇条書きで書かれていました・・・ただひたすら「A×B]といったような、掛け合わせによるビジネスアイデアが羅列されていました(p181)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「メモの魔力」前田 裕二
前田 裕二、幻冬舎


【私の評価】★★★★★(91点)



目次

序章 「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない
第1章 メモで日常をアイデアに変える
第2章 メモで思考を深める
第3章 メモで自分を知る
第4章 メモで夢をかなえる
第5章 メモは生き方である
終章 ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう


著者紹介

 前田裕二(まえだ ゆうじ)・・・SHOWROOM株式会社代表取締役社長。1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。2011年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。2013年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合併会社化。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: