本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「なんか勝手に人生がよくなる やめることリスト」本田 晃一

2021/04/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「なんか勝手に人生がよくなる やめることリスト」本田 晃一


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

 「やめることリスト」に興味があって手にした一冊です。読み進めると、どちらかといえば、人間関係に苦しんでいる人向けの内容となっていました。


 つまり、苦手な人がたくさん回りにいるのに、「そういうのはやめてくだい」と言えない人。
 いじめられているのに、そこから脱出できない人。
 苦手な仕事を自分が担当だからと抱え込んで苦しんでいる人。


 外から見ていると、一歩、その思い込みから踏み出すと楽になると思うのですが、現実には難しいのかもしれません。 


・「イヤだ」を伝える秘訣は・・・「そういうの、あんまり好きじゃないんだよね~」と、あっけらかんと伝えてみることです(p63)


 この本でお勧めしているのは、できれば嫌な人から離れること。嫌なことをやめること。


 山でクマに出会ったら誰でもクマを驚かせないようにそっとクマから離れますよね。自分の大切な人生の時間を苦手な人と過ごすのか、好きな人と過ごすのか。あなたが選べるのです。


 もちろん選ぶべきは苦手な人を避けて自分を尊重してくれる人との時間を増やすことです。


・苦手な人を野生のクマと同じって考えてみること。急に離れたり、いきなり関係を断ったりするのではなく、目を合わせながら、じりじりと、後退りするようにして徐々に距離をとっていくのです(p49)


 確かに日本人の中には「嫌なことでも頑張る」「自分が我慢すればいい」「迷惑をかけてはいけない」などの思い込みがあるように感じました。逃げるという選択肢もある。辞めるという選択肢もある。できませんと言う選択肢もある。手伝ってくださいとお願いする選択肢もあるのです。


 本質的なところは、「今の状況は嫌だ」という自分の本音に気づくことが出発点なのでしょう。やりたくない自分にオッケーを出すことで、新しい選択肢が見えてくるのです。本田さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・謝ることよりも、むしろ、引きずらないことのほうが重要です・・・本当に申し訳ありませんでした・・・「じゃあ、次はどうしたらいいか」と、未来思考の反省フェーズに入ることができます(p35)


・僕は小学生のころ、いっとき、いじめられたことがありました・・・あの人(たち)に嫌われただけで、ほかの人にも嫌われるわけではない・・・人間関係のトラブルって、誰の身にも起こりうる「厄災」みたいなものです(p39)


・与えられた時間には限りがあります。その大切な時間を、なぜ、「どうしても苦手で、できれば距離を置きたい人」のために使わなくてはいけないのでしょう・・?(p43)


・人にとって一番幸せなのは、自分を尊重してくれる人と付き合うことです・・・自分をおとしめるような人と付き合っても幸せにはなれません(p52)


・「やりたくないこと」を自覚し、オッケーを出すと、ノイズが取り除かれて「好き」のセンサーが鋭くなります(p223)


・本当は、「自分がやりたくないこと」は、ほかの誰かの「やりたいこと」である場合が多いんです(p106)


・「最低最悪の自分」にもオッケーを出すこと・・・すべてひっくるめて、「自分という存在は素晴らしい」(p189)


・可能な限りでいいので「一緒にいられて幸せ。ありがとう」・・・と感謝の気持ちを直に伝えると、なおよしです(p72)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「なんか勝手に人生がよくなる やめることリスト」本田 晃一
本田 晃一、 SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★☆(80点)



目次

序章 「自分の本音」を見つける心の旅に出かけよう
1章 「人間関係」でついついがんばっちゃう人へ
2章 「仕事」でついついがんばっちゃう人へ
3章 「恋愛」でついついがんばっちゃう人へ
終章 本音の純度を高める


著者紹介

 本田晃一(ほんだ こういち)・・・1973年生まれ。1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断、バックパッカーで世界を周る。帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。2年かけてホームページを立ち上げ年商10億円を超える。2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者としての打診を受け、500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: